2019年11月

1/3ページ
  • 2019.11.30

すでに格下げされた日産の信用格付けは、更に悪化

米自動車大手日産自動車(NYSE:NM)が先週発表したS&Pグローバル・レーティングス(NYSE:S&P)によると、先週の業績見通しが下方修正されたことを受け、日産自動車の信用状態はさらに悪化した。 格付け会社によると、日産の収益回復がさらに遅れる可能性は3分の1以上あるという。 2月には、自動車メーカーの長期格付けをAからAに10年ぶりに引き下げた。 7-9月期(2005年12月 […]

日産元会長のカルロス・ゴーン氏が辞任した弁護士、ベテラン弁護士が弁護士チームに加わる

元日産自動車を弁護する弁護士2名 カルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は28日、財務上の不正行為の容疑で辞表を提出したと発表した。 今回の決定は、ゴーン氏が11月に逮捕されて以来、日本と経済界をつかんできたサガの最新の動きだった。 主任弁護士の大鶴元成氏を含む弁護士がゴーン氏の弁護団を辞めている理由については、すぐには説明がつかなかった。 簡単な声明では、「本日、ゴーン氏の事件の弁護人として、 […]

  • 2019.11.30

330億円の先端製造技術投資

横浜日産自動車(株) 3日には、電気自動車、インテリジェント自動車、連結自動車などの次世代自動車の生産に取り組むため、国内工場に先進的な製造技術を導入するために¥330億ドル(3億0100万ドル)を投資することを明らかにした。 日産は、2020年に栃木県に工場を出資し、提携先のルノー(株)、三菱自動車(株)など世界各地の工場で生産技術の導入を計画しています。 「日産の生産技術の飛躍は、クルマの複雑 […]

英国に新たな打撃を与えた日産は、英国からの撤退に伴い、サンダーランドの工場でインフィニティの生産を停止

ロンドン・日産自動車 株式会社 イギリスでの高級機種「インフィニティ」の生産を中止し、西欧からの撤退、北米・中国への注力を図る。 日産のイギリス北東部のサンダーランド工場では、7月までにQ30セダンとQX30のクロスオーバーモデルの生産を中止すると発表した。 英国最大の自動車工場は数週間以内に2度目の打撃を受けた。 日産は、スポーツ・ユーティリティー・ビークル「X-トレイル」の製造計画を放棄した。 […]

エグゼクティブ・エクイティ・プランのもと、日産のCEOである西川氏は多額の報酬を受け取ることを認めている

日産自動車 同社のサイカワ社長兼CEO(最高経営責任者)は23日、同社が運営するエクイティ・リンクの報酬プログラムで過大な報酬を受けていることを認めた。 2013年、いわゆるストック・アップ・ライツ・プランに基づき、数千万円の追加支給を受けたとの報道があった翌日、西川氏は、東京の記者に対し、「(プログラムの運用は)どのようにすべきだったか」と語ったが、「手続きが適切に行われていると思った。知らなか […]

カルロス・ゴーン氏の逮捕は日産従業員の怒りと悲惨さを招く

日産自動車 カリスマ的な会長であるカルロス・ゴーンの前日の逮捕に、従業員は怒り、驚き、悲惨な反応を示した。彼の収入が過少報告されたとされていたからである。 64歳のゴーン氏は、長期にわたる財務上の不正行為を指摘されたと批判されたものの、一部の従業員は、1990年代に倒産の危機に陥った日産を救い、抜本的な改革によって会社を立て直したことを評価した。 また、今回の逮捕は閣僚を驚かせ、日産が不正行為を起 […]

カルロス・ゴーン氏と日産のCEOである西川氏は、提携先に4社目のパートナーを加えることを検討した

昨年9月、東京で逮捕された2カ月前の日産自動車(当時) 電子メールによると、カルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)はルノーと三菱自動車(NYSE:MMM)との提携で新たなパートナーを獲得することを検討した。 2019年4月1日 当時、ゴーンは三者間の自動車提携を「取り返しのつかないもの」にするよう圧力を受けていましたが、GhonbergがGhosnに伝えたところ、日産のCEOである西川博人 […]

ゴーン氏の弁護士は、事件が日本の評判に与える影響を懸念しており、元日産のチーフは無罪だと考えている

旧日産自動車(株)を相手取った訴訟 カルロス・ゴーン会長は、弁護団を率いるベテラン弁護士が、依頼人が無実であると確信していることから、業務を行う場所としての日本の評判を損なう可能性があると指摘した。 広中純一郎氏は、水曜日の記者会見で、この事件の動向を注視している世界と同様に、「日本が個人に権限を与えていることが、事業の遂行上、予断を許さず、行き過ぎていることを示しているのではないかと懸念している […]

  • 2019.11.30

提携交渉では、フィアット・クライスラーがルノー・日産・三菱アライアンスに加盟する見込み

ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)フランスの自動車メーカー、ルノーはフィアット・クライスラー・オートモービルズと交渉中で、長期賞は日産と三菱を含む世界をリードする提携であると報告している。 フィナンシャル・タイムズ紙は、土曜の夜、この協議は「進んだ」段階にあり、「広範な協力」につながる可能性があると報じた。 ウォール・ストリート・ジャーナルは、この交渉は「幅広い」もので、ルノーとフィ […]

  • 2019.11.30

ルノーは今度はポストカルロス・ゴーンの経営陣の下で日産と合併することを再び提案した

ルノー(ウォール・ストリート・ジャーナル)米自動車大手ルノー(NYSE:LU)は、米日産自動車(NYSE:NM)との合併を再び提案した。 事情に詳しい筋によると、カルロス・ゴーン解任後に新経営陣が発足し始めたように 情報筋によると、日産は4月中旬の提案を拒否したという。 ルノーの最大株主であるフランス政府は、11月にゴーンが逮捕されたことで同盟が揺らいだ後、1月に同様の提案をした。 ルノーは、日産 […]

1 3