2019年11月

2/3ページ
  • 2019.11.30

ゴーンの報酬が過少報告されているため、日産のCEOである西川博人は起訴されないという

検察当局は、日産自動車を起訴しないことを決定した。 事情に詳しい筋によると、カーロス・ゴーン元会長の報酬が過少報告されたとして、サイカワCEOが関与したことが明らかになった。 日本の規制当局に提出された日産の証券報告書で、ゴーン社の報酬が2018年3月までの2年間に過少報告されていることを知っていたため、西川社長が金融商品法に違反したとして、東京の男性が苦情を申し立てた。 平成28年3月期より、決 […]

  • 2019.11.30

ゴーン逮捕記念日、日産はルノーのネクタイを修理するためにまだ深刻なニーズを抱えています

日産自動車 1年前、元上司のカルロス・ゴーン氏が逮捕されて以来、経営陣の見直しと提携パートナーのルノーとの対立に専念してきたが、業績の悪化を是正するには限界があった。 しかしアナリストらは、自律型、接続型、電気自動車に焦点が移っている世界の自動車業界で競争力を維持するためには、ルノーとの提携を強化する必要があることに同意する。 日産は、フランスのパートナー企業と一体となって、コスト削減と次世代自動 […]

日産、ブレーキシステムの不具合で40万台近くの車両をリコール

日産自動車 ブレーキシステムの不具合により、ブレーキ液漏れが火災につながる恐れがあるとして、米国で39万4025台の車両をリコールしていると発表した。 日産は11月8日付のリコール番号18V-601の国道交通安全局(NHTSA)への申請書の中で、内部回路基板への漏れはドライバーに警告を発し、これを無視すると「まれな例」で火災につながる可能性があると指摘した。 「…もし警告が無視され、車両がこの状態 […]

日産とルノーはフランスの監査法人を雇い、ゴーン氏の時計に関するアライアンスの不正行為を調査する

パリ/東京-日産自動車 米自動車大手ルノー(NYSE:LU)は、フランスの監査法人マザーズを雇い、自動車業界での提携関係で起こり得る不正行為を調査しているとした。 関係筋によると、両社は、カーロス・ゴーンが金融犯罪の容疑で逮捕されたことを受け、共同調査を進めている。 同筋によると、マザーズは、アムステルダムに本拠を置く自動車メーカーが提携を調整する部門であるルノー・日産BVを調査する。 同社の資産 […]

スキャンダルからの復興の一環として、ハイブリッド版「スカイライン」をリリース

日産自動車 スカイライン・スポーツ・セダンの新バージョンを発表し、GT-Rスポーツ・クーペのようなモデルと共通するデザイン要素と、最先端の自律走行技術を追加した。 カーロス・ゴーン元会長が逮捕・追放されて以来、日本で初めての主力製品である自動車は、高速道路で運転手のハンドルを外し、接続サービスを提供します。 日産は、車検スキャンダル、コーポレート・ガバナンスの不備、10年ぶりに営業利益が最低水準に […]

逮捕後も日産のチーフが拘禁され続けていたことをめぐる日本の捜査

日本に対する疑問や懸念は、解散した日産自動車の取り扱いをめぐって国際的に高まっている。 カルロス・ゴーン委員長は先週、財務上の不正行為を理由に逮捕され、勾留期間が延長された。 自動車メーカーの救済者と見なされていた64歳の幹部が逮捕された。 検察官は11月19日夜、東京の羽田空港にビジネスジェット機で到着するのを待っていた。 法務省によると、ゴーン氏は、首都北東部の東京拘置所にある7平方メートルの […]

カルロス・ゴーン会長の立場を決議する取締役会

米日産自動車(NYSE:NM)の独立取締役は、カルロス・ゴーン氏の後任に就くべき人物について話し合った。 現在東京拘置所で停滞している大手自動車メーカーに取って代わる選択肢は、ルノーとの提携の方向性を示している。 DEC 4, 2018 事情に詳しい筋によると、後継者になる可能性が最も高いのは、ゴーン社の財務報告調査の原動力として浮上した西川社長兼最高経営責任者(CEO)と、ゴーン・コンフィダント […]

ゴーン時代を迎えようとしている日産

ニューヨーク – 日産自動車(株)の西川広人CEOの辞任。 日本の乗用車メーカーがデッキをきれいにし、乗り換えるのに非常に必要な機会を与えてくれます。 SEP10, 2019 同社のカルロス・ゴーン会長が1年近く前に衝撃的に逮捕されて以来、日本の自動車大手は恒久的な危機的状況にあり、フランスの提携パートナーであるルノーとの関係は弱まっている。 その時代を切り拓くために、日産はゴーン時代 […]

  • 2019.11.19

ルノー幹部の参入に伴い日産は経営のスリム化

日産自動車 経営のスリム化、意思決定の迅速化、取締役会のスリム化、ルノーの幹部3人の登用などを目的とした経営縮小計画を発表した。 この変更は、6月下旬に予定されている株主総会で正式に承認される予定だ。 責任の明確化と意思決定の迅速化を図るため、いわゆる執行役員制度を導入します。 この制度では、取締役を兼務する最高経営責任者が経営戦略の企画を担当し、執行役員がCEOの方針の実行を担当します。 同社の […]

  • 2019.11.19

日産自動車(株)5工場、2万1,000人の人員削減

日産自動車 月曜日には、5つの工場を閉鎖し、全世界で2万1000人の人員削減を含む抜本的なリストラ計画が明らかになった。 カーロス・ゴーン最高執行責任者(COO)が策定した「日産リバイバルプラン」は、2000年度の黒字化を目指している。 日産は、2002年度までに連結ベースで1兆円のコストダウンを図るとともに、現在の有利子負債1兆4,000億円を7,000億円以下に削減する計画です。 ゴーン氏は記 […]