2019年12月

5/5ページ

日産は4-6月期に70%の減益となり、通期業績見通しを下方修正

日産自動車(株) 7日には70%の減益となり、通期業績見通しは11年ぶりの下方修正となった。 カーロス・ゴーン前会長が退任したことや、売り上げの減少に直面したためだ。 7-9月期の売上高は¥300億円(2億7498万ドル)と、前年同期の¥1,012億円を上回った。 これは、リフィニティブがまとめた9つのアナリスト予想の平均¥474億8000万ドルと比較すると、10年半ぶりに過去最悪の業績を記録した […]

  • 2019.12.01

日産のリーダーが試される

米自動車大手日産自動車(NYSE:DM)が53歳の内田誠新社長兼最高経営責任者 その課題は、北米・欧州市場での自動車メーカーの売り上げ不振を再建し、急減した利益を反転させ、フランスのルノー株主との緊張関係を見直すことである。 しかし、日産の新たなリーダーシップの最大の課題は、2人の経営幹部の不名誉から抜け出たことで失われた社会からの信頼を回復し、自動車産業の未来に不可欠な技術への投資を開始すること […]

日産は日本企業なのか、それともグローバル企業なのか

ニューヨーク-現段階では、前日産のカルロス・ゴーン会長に対する訴訟の基本的事実は依然として不明である。 現在までに提供された2つの対立する物語の間で、(1)ゴーンは、会社とその利害関係者を犠牲にして自らを豊かにするために法律や会社の規則に違反した欲張りの独裁者である、(2)日産の経営陣は、日本の法律や日本政府による被告人の保護が不十分であったために、ルノーの支配を排除するためのクーデターを起こした […]

  • 2019.12.01

日本は、2018年春に経済産業省を通じたルノーと日産の合併に反対し、フランスの新聞が報じた。

パリス-日本政府は、日産自動車(株)間の合併計画を阻止するために介入した。 昨年春、ルノーが日曜日に発表したフランスの新聞『ジャーナル・デュ・ディマンシュ』紙は、幹部と州当局者の間の電子メールを引用した。 2019年4月15日 2018年4月23日~5月22日の電子メールは、経済産業省が両社の合併協議を中止するための検討を進めたことを示しており、JDDは、ルノー・日産元会長のカルロス・ゴーン氏に直 […]

ゴーン氏が逮捕される1カ月前から起訴されていたことをめぐり、日産幹部との間で交渉が行われた

東京検察と日産自動車 同社の元会長、カルロス・ゴーン氏に対する起訴に関連して、幹部らは10月に司法取引交渉を開始した。 ゴーン氏(65)は11月19日に逮捕された。 日産幹部は、財務上の不正行為の疑いに関する情報を検察に提供することで合意してから数週間後のことだった。 検察側がゴーンの弁護団に開示した証拠の一部は、公判前の手続きに従い、幹部による証言が含まれているとみられており、被告側は、公判前の […]

日産のCEOである西川博人が辞任、新たな最高経営責任者が黒字化への挑戦

日産自動車 同CEOは、報酬の過払いを認めた後、12月に辞任した。 来月に選ばれる予定の後任CEOは、ルノーとの提携関係を修復し、収益性を回復するための大きな圧力にさらされることになる。 同社の最高執行責任者(CEO)である63歳の日産取締役である山内康博氏は、西川氏(65歳)をCEOに交代し、社外取締役を中心とした指名委員会では、10月末までに後任者の選定を進めています。 昨年11月にゴーン元会 […]

ゴーンに次いで、日産はもはやパートナーのルノーと会長を共有する意思がなくなった、と情報筋は言う

日産自動車 事情に詳しい筋によると、提携相手のルノーとの提携は、カルロス・ゴーン氏が拘束された場合と同様、両社の会長職に就くことを支持する意向はないという。 日本企業は、ルノーのジーン・ドミニック・セナード会長を自社の会長に任命することにも抵抗するとした。同会長は、氏名を任命しないよう求めた。 同筋によると、日産の取締役会は、最終決定を下す前にガバナンス委員会の報告を待つ予定だという。 それは、日 […]

  • 2019.12.01

日産・ルノー・三菱提携は、Volkswagenとトヨタの上半期の販売台数を下回る

日産自動車(株)、ルノー(株)、三菱自動車(株)との提携 2019年上期の世界の自動車販売台数は、フォルクスワーゲン(NYSE:VW)やトヨタ自動車(NYSE:TM)に次いで世界第1位を失った。 2017年上期、2018年上期の世界販売台数は3方アライアンスが最も多かったものの、今年はライバル2社を下回り、1-6月期の累計販売台数は521万台となり、前期比5.9%減となりました。 日産が1万250 […]

オマーン経由で日産の資金を自分に振り向けたとされるカルロス・ゴーン氏

旧日産自動車 事情に詳しい筋によると、カルロス・ゴーン会長は、オマーンが受け取った資金について何の発言もしていないオマーンの販売代理店に支払った金銭を自らに振り向けたと疑われている。 Ghosnは、保釈解除後1カ月以内に、販売会社に支払った資金の悪用に関連して、新たに加重された信頼違反の申し立てで再度逮捕された。 彼はすべての主張を否定した。 ゴーンは木曜日に逮捕される数時間前に、財務上の不正行為 […]

利益を所得として報告することなく自社の海外住宅を無償で利用したと疑われる日産のカルロス・ゴーン氏

日産自動車 事情に詳しい筋によると、カーロス・ゴーン会長は、自動車メーカーが所有する複数の住宅を利用した疑いがある。 オランダや他の3カ国の資産を無償で使用したことで、この新しい詳細は、64歳の自動車産業界で活躍してきた64歳の人物が、その恩恵から劇的に落ち込んだ翌日に明らかになった。 東京検察官は、日産が負担した費用は、会社から受け取った報酬の一部として、証券報告書に報告されるべきであったと考え […]

1 5