期間工

自動車販売台数の伸び悩みが日本の自動車部門の雇用を牽引

自動車産業の雇用情勢は、自動車販売の低迷により打撃を受け始めています。 11月8日以降、マツダ 主に完成車を生産する広島県の本社工場と、近隣の山口県の防府工場では、有期契約の募集を中止しました。 本田技研工業(株) また、SUVやセダンを生産している埼玉県の吉井工場でも同様の条件で人材募集を停止しています。 どちらの企業もいわゆる有期雇用労働者の再雇用をいつ始めるかわからない。 そのような職員の雇 […]

  • 2019.12.14

日産の改革はようやくコーポレート・ガバナンスの問題に終止符を打つのでしょうか

日産自動車を取り巻く問題は多岐にわたります。 日本のコーポレート・ガバナンスに対する関心が高まっています。 当初、日産のコーポレート・ガバナンスの実務は、前会長のカルロス・ゴーンが逮捕された後、会社の資金を悪用し、ほとんど監督されていないにもかかわらず、会社の資金を使い果たしていなかったとの疑惑が浮上したため、火事となりました。 問題は、自動車メーカーがコーポレート・ガバナンスの実践を加速できるか […]

ゴーンと日産に関する7つの質問

ワシントン-11月19日、日産自動車(NYSE:NM)の当時の会長だったカルロス・ゴーンが東京の羽田空港に私設ジェット機を着陸させた直後に逮捕された際、メディアは、同社から多額の賠償金を受け取ったとされる報道に注目した。 しかし、その後数週間のうちに、逮捕は、複数の幹部による不正行為よりもはるかに複雑なものであることが明らかになった。 ゴーン氏が逮捕されたのは、6月に導入された司法取引制度のもと、 […]

情報筋によると、日産は世界中で1万人以上の人員(期間工含む)削減を行い、利益が急落した。

日産自動車 事情に詳しい筋によると、1万人以上の人員削減を計画しており、経営陣の交代に取り組む自動車メーカーにとっては厳しい道のりを示している。 同筋によると、5月に発表された4800人の人員削減計画には、稼働率の低い海外工場が大半を占めるという。 同筋によると、この情報は未だ非公開のものだとは明らかにされていない。 同筋によると、同日の決算発表と同時に発表される見込みという。 日産は木曜日の発表 […]

  • 2019.11.19

日産自動車(株)5工場、2万1,000人の人員削減

日産自動車 月曜日には、5つの工場を閉鎖し、全世界で2万1000人の人員削減を含む抜本的なリストラ計画が明らかになった。 カーロス・ゴーン最高執行責任者(COO)が策定した「日産リバイバルプラン」は、2000年度の黒字化を目指している。 日産は、2002年度までに連結ベースで1兆円のコストダウンを図るとともに、現在の有利子負債1兆4,000億円を7,000億円以下に削減する計画です。 ゴーン氏は記 […]