日産自動車

1/6ページ
  • 2019.12.14

競馬場からショールームまで:フォーミュラEのブレークスルーから将来の利益を得る車

BMW(NYSE:BMW)、フォルクスワーゲン(NYSE:VWG)、アウディ(NYSE:AWD)、シリコンバレー(NYSE:SV)の電池メーカーは、サウジアラビア、ニューヨーク、ロンドン、ソウルを通過するバッテリー車を時速170キロ(270キロ) 今週から6シーズン目を迎えたフォーミュラEのブレイクスルーは、家庭用SUVやセダン、さらにはインドの電動リクシャーにも組み込まれている。 これは、メーカ […]

自動車販売台数の伸び悩みが日本の自動車部門の雇用を牽引

自動車産業の雇用情勢は、自動車販売の低迷により打撃を受け始めています。 11月8日以降、マツダ 主に完成車を生産する広島県の本社工場と、近隣の山口県の防府工場では、有期契約の募集を中止しました。 本田技研工業(株) また、SUVやセダンを生産している埼玉県の吉井工場でも同様の条件で人材募集を停止しています。 どちらの企業もいわゆる有期雇用労働者の再雇用をいつ始めるかわからない。 そのような職員の雇 […]

ゴーンが妻とテレビ電話で話すことを許す東京裁判所

このような接触を8カ月にわたって禁止した後、日産の前会長のカルロス・ゴーン氏は、財務上の不正行為に関する裁判を待つ間、妻と話すことができるようになった。 同氏の弁護団からの通信許可の要請は、東京地方裁判所が最終的に金曜日に許可を与えるまでに6回拒否された。 検察当局は、同氏とキャロル・ゴーン氏との接触は、証拠の改ざんや口座の作成を許可するリスクがあると主張していた。 ゴーンズ氏は、弁護士の立会いの […]

日産は、ブレーキシステムの不具合で40万台近くの車両をリコール

日産自動車 ブレーキシステムの不具合により、ブレーキ液漏れが火災につながる恐れがあるとして、米国で39万4025台の車両をリコールしていると発表した。 日産は11月8日付のリコール番号18V-601の国道交通安全局(NHTSA)への申請書の中で、内部回路基板への漏れはドライバーに警告を発し、これを無視すると「まれな例」で火災につながる可能性があると指摘した。 「…もし警告が無視され、車両がこの状態 […]

内田誠CEO就任に先駆け、新CFOを起用

日産自動車 カーロス・ゴーン元会長が逮捕されてからほぼ1年後には、新最高経営責任者(CFO)を任命し、他の最高経営責任者(CFO)を任命するなど、新しいページを開く方針を明らかにした。 同社のスティーブン・マ最高財務責任者(CFO)は、10日の声明で、CFOに就任することを明らかにした。 CFOには、日産の中国合弁会社の元CFO(最高財務責任者)だったスティーブン・マ氏が就任する。 新任の内田誠C […]

  • 2019.12.14

日産の改革はようやくコーポレート・ガバナンスの問題に終止符を打つのでしょうか

日産自動車を取り巻く問題は多岐にわたります。 日本のコーポレート・ガバナンスに対する関心が高まっています。 当初、日産のコーポレート・ガバナンスの実務は、前会長のカルロス・ゴーンが逮捕された後、会社の資金を悪用し、ほとんど監督されていないにもかかわらず、会社の資金を使い果たしていなかったとの疑惑が浮上したため、火事となりました。 問題は、自動車メーカーがコーポレート・ガバナンスの実践を加速できるか […]

日産の元チーフ、カルロス・ゴーン氏の複雑なケースの回答(中東)

昨年秋、カルロス・ゴーンが身柄を拘束された直後、自動車業界を一変させた奇妙な法的問題を起こし、起訴された金融犯罪が、日産自動車(NYSE:NMC)の会長の驚くべき逮捕を正当化するほど深刻なものであるかどうかを疑問視する声も聞かれた。 まさに開幕行為だったことを明らかにする。 事情に詳しい筋によると、昨年11月の最初の逮捕は、報酬を過小評価したとしても比較的軽微なものとみられていたが、オマーンへ、そ […]

  • 2019.12.14

日産はルノーとフィアットの合併と結びついており、独立性の低い将来に直面することになる

日産自動車 ルノーとフィアット・クライスラー・オートモービルズがより緊密な関係を築く計画を進めていることから、より大きなゴリラにつながる可能性がある。 日本の自動車メーカーはそれを好まないが、あまり選択肢がないかもしれない。 フィアット・クライスラーは12日、日産のパートナーであるルノーとの合併計画を発表した。これにより、世界第3位の自動車メーカーが誕生する可能性がある。 両社は現在日産との合併を […]

ルノーと日産との関係が深刻化し、業績が悪化している

パリス – 数カ月前から、ルノーは日産自動車と提携している。 経営陣と広報担当者の間で緊張が高まっている。 現在、日本の自動車メーカーの苦境は、本当に痛ましいところ、つまり、ボトム・ラインを打っている。 フランス最大の自動車メーカーは、日産の株式43%を保有しており、上半期のパートナー企業の業績不振が2100万ユーロ(2,340万ドル)の減益要因となったと発表した。 日産は前年度に8億 […]

日産の「CEOウィスパー」グレッグ・ケリーが東京刑務所の運命を考えている

日産自動車(株)内 彼は「CEOウィスパー」として知られていた。カルロス・ゴーンに最も微妙なメッセージを伝えるスタッフのチーフであり、ゴーンは自分の指令を執行することを期待するだろう。 今日、グレッグ・ケリーは、トイレと洗面器を備えた小さな東京の刑務所に閉じ込められており、ゴーンから切り離され、自分の弁護士とほとんど話すことができない状態にある。 日産の取締役を務める唯一の米国人であるケリーは、金 […]

1 6