日本は、2018年春に経済産業省を通じたルノーと日産の合併に反対し、フランスの新聞が報じた。

日本は、2018年春に経済産業省を通じたルノーと日産の合併に反対し、フランスの新聞が報じた。

パリス-日本政府は、日産自動車(株)間の合併計画を阻止するために介入した。 昨年春、ルノーが日曜日に発表したフランスの新聞『ジャーナル・デュ・ディマンシュ』紙は、幹部と州当局者の間の電子メールを引用した。

2019年4月15日

2018年4月23日~5月22日の電子メールは、経済産業省が両社の合併協議を中止するための検討を進めたことを示しており、JDDは、ルノー・日産元会長のカルロス・ゴーン氏に直接宛てられたメッセージ、または受領者の一人としてコピーされたメッセージにどのようにアクセスしたかを、言うまでもなく報告した。

JDDは、日産の幹部であるハリ・ナダ氏が、ルノーの対応者であるモウナ・セフペリ氏と、フランスの州保有APEの公的機関の長であるマーティン・バイアル氏も出席した後、最初の電子メールを送ったと報告した。

同社の電子メールによれば、日産は同盟の現状を支持しており、ルノーとの持ち分を減少させたルノーとの「株式のリバランス」を希望し、フランスは最終的に同盟から完全撤退するという。 JDDの報告によれば、APEのバイアルは、合併が始まらない限り、フランス政府は「ルノーにとってあまりにも大きな犠牲」は受け入れられないというシグナルとして報じられている。

日産の川口副社長は、以下のメッセージの中で、経済産業省の関係者から「フランス政府がカルロス・ゴーンに次期総会に先駆けて合併を迫ることを懸念する」と述べました。 JDDは、電子メールの中で、事態が沈静化する中で、経済産業省の担当者にフランスの担当者に「あまり攻撃的でないように」と尋ねたと川口氏を引用した。

川口氏はその後、経済産業省からの覚書を電子メールで送り、日産の独立性を尊重しなければならないことを強調した。 APEを監督するフランス財務省、あるいはルノーでは、誰もコメントを得ることができなかった。

NISSANカテゴリの最新記事