日産は4-6月期に70%の減益となり、通期業績見通しを下方修正

日産は4-6月期に70%の減益となり、通期業績見通しを下方修正

日産自動車(株) 7日には70%の減益となり、通期業績見通しは11年ぶりの下方修正となった。 カーロス・ゴーン前会長が退任したことや、売り上げの減少に直面したためだ。 7-9月期の売上高は¥300億円(2億7498万ドル)と、前年同期の¥1,012億円を上回った。

これは、リフィニティブがまとめた9つのアナリスト予想の平均¥474億8000万ドルと比較すると、10年半ぶりに過去最悪の業績を記録した。

業績が2年近く低迷している日産は、2020年3月期の営業利益見通しを従来の2,300億¥から1,500億¥に下方修正しました。 この新予測は、通期の業績が11年ぶりに最悪の水準になることを意味している。 特に米国では、長年にわたる大幅な値引き販売や車両販売によって、日産はブランド・イメージが低く、車両の再販価値が低く、利益も減少しています。

日産の販売台数は、4-9月期に日本、米国、中国、欧州などの主要市場で減少しました。 全世界の販売台数は6.8%減の約250万台となりました。

また、1年前にゴーン氏が財務上の不祥事で逮捕されたことや、北米部門の問題などで、4-6月期の業績が低迷したことも、12月1日には新任の幹部チームに圧力をかける可能性がある。

不正行為を否定するゴーンの崩壊後、日産は、利益の減少、将来のリーダーシップの不確実性、トップ株主であるルノーとの緊張感に悩まされてきた。ルノーの株価は、2013年4月以降、予想を下回る水準まで2%下落した。 また、1株当たり¥40配当金については、配当性向が未定であるとして撤回しました。

日産の配当が減少するにつれて、ルノーは日本のパートナー企業の43%を所有しているため、最も損失を出している企業の1つとなっている。

同社は、2023年までに世界の自動車生産台数を10%近く削減し、ゴーンCEO時に膨れ上がったコストを削減するという世界的な回復計画を実施している。

ここ数週間、日産は、中国事業の責任者である内田誠氏(53歳)を次期最高経営責任者(CEO)に指名し、ゴーン氏の遺産を引き出すため、若手経営幹部とトップの交代を発表した。 新最高執行責任者(COO)のアシュワニ・グプタ氏と、新副最高執行責任者(COO)のジュン・セキ氏との兼任。

日産は、金属・機械カンパニー日商岩井(株)から、2017年から3人目のCEOを務め、2003年に入社しました。

日産は本田技研工業(株)に入社する。 マツダ(株)と 米欧での自動車販売が苦戦し、通期の業績見通しを下方修正した

日本の自動車メーカーの中で、トヨタ自動車(株) フォルクスワーゲン(NYSE:VWG)とフォード・モーター(NYSE:F)に加わった 予想を上回る結果を報告する。

コストコントロールは、電化や自走車への構造転換が進む業界に多額の投資を行っている一方で、トヨタの利益を予測を上回る水準に維持しています。

日産自動車カテゴリの最新記事