カルロス・ゴーンは、日産のチーフ・ツイートを盗んで「本当のことを話す」ようになったため、再逮捕を迫られるかもしれない

カルロス・ゴーンは、日産のチーフ・ツイートを盗んで「本当のことを話す」ようになったため、再逮捕を迫られるかもしれない

午後12時51分に投稿されたツイート。 水曜日、旧日産自動車(株)の社名で カルロス・ゴーン会長は当初、非常に懐疑的な態度をとった。

プロフィール写真は、背景に灰色の髪と桜の木が描かれたヘッドショットであった。 ジャーナリストたちは、このアカウントの真実性について乱暴な投機をしていた。 「何が起きているのか、本当のことを話す準備ができました」アカウントの最初のツイートを読んだ。 「4月11日(木)の記者会見」

その後、アカウントを検証しました。 もう一度ツイートがありました、今度は日本語で、約1時間後にありました。 午後7時10分現在、8,500以上のリツィートと12,000以上のリクイックを獲得しています。 水曜日

元会長の発表は、財務上の不正行為の容疑で起訴されている中で、日産のトップは、その背後にある動機とツイートをどこに打ち込んだのかについて憶測を呼んだ。 ゴーン自身と代表者のどちらがこのメッセージに責任があるかは、すぐには明らかになっていなかった。 また、どこで記者会見が行われるかは不明である。

ゴーン氏の弁護団は以前、記者会見を行う用意があると述べていた。 ゴーン氏の弁護団は、最近は火曜日の午後に記者会見を行う用意があると述べていた。 ゴーン弁護士の広中純一郎氏は記者団に対し、記者会見は「近いうちに」行われると語ったが、具体的な日程は明らかにしなかった。 ゴーンが記者会見を発表する媒体を選んだのは、法律専門家やオブザーバーを困惑させた。なぜ、弁護士を通じてニュースを伝えなかったのか。

この動きは、ゴーン氏の弁護士チームとの関係に疑問を投げかけるものだ、と東京に本社を置く弁護士、牛島新氏は述べた。 しかし牛島は、ゴーンが相談せずに一方的に行動した可能性は低いと付け加えた。 メディアの報道によれば、東京地検は65歳の人物を新たに起訴しようとしているという。

日本の複数の報道機関が、オマーンの販売代理店に対する日産の¥35億円(3100万ドル)の支払いを検察当局が捜査していると報じている。 検察側は、ゴーン氏が支配する予算から得た資金の一部がゴーン氏の個人的な使用に流用されたと主張している。 火曜日の記者会見で、広中氏は「検察側が今後追加的に起訴する可能性を排除することはできない」と述べた。

報告が正確で、検察側が起訴すれば、ゴーンは再度逮捕され、東京拘置所に送り返される。

東京地方検察庁の弁護士、元検察官の高井安之氏は、ゴーン氏の発言意向は理解しているものの、このツイートはあまり効果がないと述べた。 また、新聞記者会見の開催により、検察側は新たな起訴計画を変更する可能性は低いと付け加えた。

しかし、ある意味で、ゴーンの発表と逮捕の可能性は関連性があると牛島氏は言う。

「もし(ゴーン)が11日前に逮捕されたとしたら、彼は記者会見を開くことができません」と牛島氏は言う。 「だから、もしそうなら、ゴーンは、検察官が彼に真実を告げる機会を奪ったという批判をすることができるだろう。 もし逮捕されれば、黙殺されたと言えるかもしれない」と、高井、牛島両氏は記者会見のメリットに疑問を抱き、ゴーンの発言は検察官が公判に行く際に悪用される可能性があると指摘した。

いずれにせよ、そうしたいのであれば、申し立てについてコメントできないことを前提とする必要がある、と高井氏は述べた。 高井氏によると、逮捕は日産の幹部による陰謀であり、反逆であると主張する限りでは、一般の人々には受け入れられない可能性があるという。 「もし私が弁護士だったら、忘れるように助言したい」と高井氏は言った。 「それをするメリットはない。 それには償還機能はない」と述べた。

ゴーン氏は昨年11月、日産を倒産の危機から救い、世界的な自動車コングロマリットに転換した。 彼は、何年にもわたって報酬を故意に過少申告していたと非難され、その後、2008年の日産への民間投資損失の移転をめぐる信託違反の悪化など、追加的な告発を受けた。

3月6日、東京拘置所で108日間拘置された後、保釈されて釈放された。 彼の条件付き解放は、3度の試みの後に確保され、最初の試みに続いて、広中氏を含む新しい法務チームが、同国で最も注目されている訴訟のいくつかで無罪判決を勝ち取ったという洞察力と評判でニックネーム「ラザー」を獲得した。

ゴーンは不正行為を否定した。

日産自動車カテゴリの最新記事