日産と三菱はゴーン・ドラマに続くオランダの合弁会社の閉鎖を検討

日産と三菱はゴーン・ドラマに続くオランダの合弁会社の閉鎖を検討

日産自動車 三菱自動車(株)と オランダの合弁会社を閉鎖することを検討しているが、この合弁会社から退任したカルロス・ゴーン元会長に約10億¥の報酬が支払われたとされている。 情報筋によると、自動車メーカーは、日産三菱BVの廃止は、この疑惑に照らして避けられないと考えているという。

ゴーンは金融不祥事の疑いで起訴されている。 彼は11月19日の逮捕後、100日以上拘禁されていたが、水曜日に保釈された。 彼は逮捕後まもなく両社の会長に解任された。 ゴーン氏は1月、日産と三菱のフランスの提携パートナーであるルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)を辞任した。

事情筋によると、ゴーン氏らは2016年6月頃、燃費データ操作スキャンダルで火災に見舞われた同業他社の復興支援のために、日産が三菱自動車に投資することを決定した直後から、オランダの合弁会社設立を検討し始めたという。 ジョイントベンチャーの設立は、日本では開示の対象とならないゴーン社の報酬を支払うことを意図しているとの見方もあるが、ゴーン社側は、日産とのパートナーシップの効果を最大化するための戦略を立案すると三菱社に伝えていた、と情報筋は語った。 日産三菱は、2017年6月に50社の合弁会社として設立されました。

両社は昨年、営業費用を賄うため、約21億¥を投入した。 しかし、情報筋によると、金額の約半分は同社の取締役の1人であるゴーン氏に2018年4月から11月に支払われたという。

また、当社のCEOである斎川博男氏と、当社の代表取締役である増子修氏は、当社からの報酬を受けておりません。 関係筋によると、両社はパートナーシップを強化するための新たな枠組みを立ち上げる予定だという。

三菱自動車カテゴリの最新記事