日産取締役会は、2013年の住宅購入に関するCEOの西川廣人氏の質問を受けた

日産取締役会は、2013年の住宅購入に関するCEOの西川廣人氏の質問を受けた
Hiroto Saikawa, Nissan President and CEO, press conference, at Nissan Global Headquarters, Yokohama, on March 12, 2019. YOSHIAKI MIURA PHOTO

東京・パリス日産自動車 事情に詳しい筋によると、西川廣人最高経営責任者(CEO)は12日、東京の家賃を支払うために会社の規則を破ったとする元上級幹部の主張について、取締役会から質問を受ける予定だという。

特別総会では、2013年に報酬型株式の売却制限が変更されたかどうかを尋ねられ、利益が上がり、物件の支払いが容易になったと、詳細は公表されていないため、名前を挙げないよう求めた人物が話した。 また、同社幹部は、同社に住宅の購入を依頼し、その後分割払いで返済するかどうかについても疑問を呈すると述べた。

グレッグ・ケリーは6月に月刊誌「文芸神話」に掲載されたインタビューで、不正行為の可能性を指摘した。 ケリー氏は11月、同日にカルロス・ゴーン元日産会長として逮捕された。 西川氏は、自らの資金で買ったと言って、自宅を買うために会社の資金を使うことを拒否した。 同筋によると、同氏はこれまでのところ、日産取締役会との取引について話し合うことを拒否しているという。

日産の代表者はコメントを控えた。

ゴーン氏が前に抗議した告発者であるサイカワ氏に対する取締役会の質問は、同氏が火曜日に株主と会う前日に行われる予定で、同氏は自宅についても質問される可能性がある。 ゴーンは、日本政府から金融犯罪の罪で起訴されているが、ゴーンはこれを否定している。

ゴーン氏が逮捕されて以来、西川氏の指導力は疑問視されてきたが、その後も日産のガバナンス・パネルからCEOに就任するよう勧告されている。 西川氏は、当初、日産のガバナンスが改善された後、辞任する意向を表明していたが、後になって、ゴーン氏に対する監督不足の責任を引き受ける手段としての役割を果たし続けると述べた。

日産の43%を所有するルノーとの関係が悪化する中、日本の経営者はより大きなプレッシャーを受けています。 ゴーン氏が逮捕された後、緊張が始まり、ここ数カ月で悪化した。ルノーの新会長、ジャン・ドミニク・セナード氏は、日産に望まない合併を迫り、日本企業に知らされることなくライバルのフィアット・クライスラー・オートモービルズと提携した。

西川氏は1977年に東京大学を卒業して日産に入社した。 彼のキャリアの多くは購買部門に費やされていた。購買部門は、どんな企業でも重要な機能であるが、特に自動車メーカーにとっては重要な機能である。なぜなら、購買部門は売上原価の3分の2を占めるからである。 彼は結婚し、都心に住んでいるが、ほとんどの日本の経営者と同じように、私生活には慎重である。

日産自動車カテゴリの最新記事