108日間の拘禁後、不透明な将来に直面した日産のチーフ、カルロス・ゴーン氏が刑務所から解放された

NO IMAGE

日産自動車(株) カルロス・ゴーン会長は15日午後、東京で保釈され、108日間の身柄拘束期間が終了した。 このため、世界的に有名な自動車メーカー3社で、同会長の処遇と職を失ったことをめぐって、世界的な反発を呼んだ。 同日、東京地方裁判所は、連邦地裁が連邦地裁に提出した10億ドルの保釈金の支払いを¥したことを確認した。 連邦地裁は、連邦地裁が連邦地裁の判決を破棄したことを受け、連邦地裁が提訴した。

しかし、たとえ彼が最終的に自由に歩んだとしても、特に何カ月も、何年も続く可能性のある裁判の後に、彼の評判を回復することは、もう一つの問題であり、日産と三菱自動車(株)の提携である。 ルノーの最高経営責任者(CEO)は、自動車メーカーの取締役に再任されることはないと述べ、ルノー氏を引き揚げる可能性は低いとの見方を示した。

裁判所は、1月に同様の申請を却下した後、ゴーンの保釈金を支払った。

ゴーン氏は2月中旬、弁護士チームを再編し、広中純一郎氏を含む弁護士を任命した。広中純一郎氏は、国内有数の有名事件で無罪判決を受けたことで知られており、彼の巧妙さからニックネーム「カミソリ」を獲得した。 ゴーンが刑務所を出た後、どのようにして数日を過ごすかは、すぐには明らかになっていなかった。

また、11月19日に逮捕され、保釈が解除されていたグレッグ・ケリー氏も含め、事件に関連する日産幹部との接触を禁じられている。

専門家は、広中氏のチームの下で作られた法的戦略は、条件付き自由を確保することであると評価した。 広中氏は、保釈中にゴーンが証拠を改ざんしたり破壊したりするリスクを大幅に抑制するために取るべき具体的な措置を明らかにしたと述べた。 その他、コンピュータや電話へのアクセス制限、海外旅行の禁止などの措置が合意された。 また、東京にも監視カメラを設置する。

ゴーン氏はこの状況に驚いたようだ、と火曜日の夕方、広中氏は語った。

「彼は不愉快そうに見えた」と言うと、クライアントは決断そのものに満足していると付け加えた。

保釈協定により、ゴーンは国内を旅行できるようになりましたが、一度に3日間は旅行できません。 また、コンピュータを使いたい場合は、午前9時から弁護士事務所で使わなければなりません。 また、午後5時、広中氏は言ったと伝えられている。 フランス・ブラジルの自動車業界幹部の長期拘禁は、特に海外からの批判の対象となっている。

日本の法制度では、批判者は検察側に有利な立場をとっているが、取調べに弁護士が立ち会うことは認められていない。 また、被疑者は、特に罪を認めない場合には、出頭する前に数カ月間拘禁されることもあります。 広中氏は、ゴーン氏が法廷で保釈されれば、取締役を解任されなかったため、日産の取締役会に出席することができると語ったと伝えられている。 しかし、彼は逮捕された直後に会長から解任された。

ゴーンを追放した企業は、ゴーンと距離を置いている。

日産のCEOであるサイカワ博人は、保釈解除の意義を軽視し、同社の事業運営に影響を与えることはないと報道陣に語った。 「私は有罪か無罪かを言う立場にはありません」と西川氏は言う。

ゴーン氏は11月19日に羽田空港で逮捕され、何年にもわたって報酬を改ざんしていると非難されている。 その後、東京地方検察庁の特別捜査チームは、ゴーンが2008年の世界的な金融危機の際に、日産に個人投資損失を移転したとされる事件で、ゴーンが重大な信託違反を犯したとして、再逮捕しました。

ゴーン氏は、日産の社内調査の結果として起こされた疑惑をすべて否定した。 「私は無実で、こうした非難に対して公正な裁判で自らを積極的に弁護することに全力を尽くしています」と同氏は声明の中で述べた。

日産自動車カテゴリの最新記事