ゴスナイド氏によると、日産のCEOである西川廣人は、2013年にストックオプションの特約を取得したという

ゴスナイド氏によると、日産のCEOである西川廣人は、2013年にストックオプションの特約を取得したという
Hiroto Saikawa, Nissan President and CEO, press conference, at Nissan Global Headquarters, Yokohama, on March 12, 2019. YOSHIAKI MIURA PHOTO

日産自動車(株)の元上級役員、ミチガン氏(SOUTHFIELD, MICHIGAN, SOUTHFIELD) 日本の報道によると、現最高経営責任者(CEO)は報酬関連株の売却に例外を求めたため、利益が増加したという。

11月にゴーン前会長として逮捕されたグレッグ・ケリー氏は、2013年に西川博人に付与されたとされる要請について、月刊誌「文芸春寿」に語った。 当時、西川氏は日産の執行副社長であり、約4年後にCEOに就任した。

同報告書によると、サイカワは例外措置をとり、新築住宅の購入代金を支払うよう求めた。 ケリー氏は、同社幹部が当初、日産に購入を求めていたと主張している。 同誌は、5月14日にストック・アワードの執行日を5月22日に変更した際、同社の株価が約10%上昇した時期であったが、5月22日には、サイカワが¥47百万円(430,000米ドル)の増益を計上したと引用している。 同誌は、元幹部が例外を「特別なケース」と表現したと引用した。

西川氏は自宅を買うために会社の資金を使うことを拒否した。 「自分の金で買った」と月曜日に記者たちに語った。

ケリー氏は、4月に日産の代表取締役から解任され、日本の当局から役員報酬の過少報告を命じられた。 ケリー氏の連邦地検はコメントを得られなかった。 日産の米国子会社の代表者はコメントを控えた。 ケリーとゴーンは、日本で逮捕されてから数週間、刑務所に収容された後、無料で保釈されているが、不正行為を否定し、起訴されている。

この報告書は、西川氏の自動車メーカーの報酬慣行に関する知識に疑問を投げかけるものである。 西川氏は、日産が任命した社外のコーポレート・ガバナンス・パネルから、ゴーン氏の退職給付制度に署名したことが判明した。 しかし、CEOは、犯罪や不正行為の告発を受けたことはない。 日本の検察官は、ゴーン氏の報酬が過少報告されていると指摘したが、その一部が退職のために繰り延べられたかどうかは不透明だ。

日産と西川は、20年前にフランスの自動車メーカールノーと提携していたが、この提携が危機にさらされている可能性があるため、こうした疑惑に直面している。 西川氏自身は、日系自動車メーカーの収益悪化を取り戻すよう強い圧力を受けており、元指導者ゴーン氏の退任を受けて、日産の長期戦略を策定している。

同誌の報道によれば、サイカワ氏はゴーン氏の報酬を十分に認識していたという。これには、当時の会長が日産を退職したり、会社での重要性が低いと認めた場合には、コンサルティング料を支払うという提案も含まれていた。

日産自動車カテゴリの最新記事