西川廣人の出発は日産の不確実性を増幅させるに過ぎない

西川廣人の出発は日産の不確実性を増幅させるに過ぎない

日産自動車 同CEOは来週月曜日に辞任すると発表した。 横浜に本拠を置く自動車メーカーは、すでに利益率が低く、コーポレート・ガバナンスへの信頼が薄れ、フランスのルノーとの提携関係が揺らいでいることから、さらなる暗雲が加わる可能性がある。 月曜日の取締役会の後、記者に説明を行った日産の取締役によれば、取締役会は西川氏に辞任を求め、同意したという。

同社は、10月末までに新CEOを正式に指名し、現最高執行責任者(COO)である山内康裕氏がCEOに就任する。 候補者には外国人と女性のビジネスマンが含まれると述べた。

「松明を通過するときは考えていましたが、いろいろなタイミングを考えていました」と西川氏は言う。

これを「いち早いタイミング」と呼び、日産が依然として課題を抱えていることを踏まえ、辞任を謝罪しました。

専門家によると、同氏の後任者は、ルノーに追随し、日産の販売台数が伸び悩むなか、困難な課題に直面することになるという。

「この仕事に就く人は誰でも、ほぼ不可能な仕事になるため、ウイスキーをあらかじめ大量に持っておくべきだ」と、東京に本社を置く弁護士、スティーブン・ギブンズ氏は述べた。

西川氏の退職は、社内調査で明らかになったことで加速されたようだ。 先週、同社が運営する株式関連報酬プログラムが彼に過大な報酬を支払っていたと結論づけた。

メディアの報道によれば、2013年にストック・ゲイズ・ライツ・プログラムとして知られるプログラムを通じて、数千万円の追加支払いを受けたという。 取締役は、株価が上昇した場合にボーナスを受け取ることができる。 彼は支払いを命じたことを否定した。 会社は、法律を破ったとは信じないと判断したと思われる。

日経新聞は日曜の夕方、西川氏が過剰な報酬を受けたことを認めた後、最高経営責任者を辞任すると自信を持って言ったと報じた。 彼は月曜日の朝、共同通信などのメディアに、自分の役割を次の世代に引き継ぐつもりだが、いつこうするのかは詳しくないと伝えていた。

楽天証券の久保田正之主席ストラテジストは、「サイカワ氏が首都をゆがめるリーダーシップを持つCEOになることを期待していた(ルノーと)」と辞任を発表する前に語った。 しかし、過剰報酬問題のために辞任すれば、カリスマとリーダーシップの両方を持ち、ルノーとの資本のねじれを正しく切り離すことができるリーダーがいる可能性は低い」と述べた。

今年の株主総会で、西川氏は日産の再編とルノーとの関係正常化を約束した。

現実には、サイカワはすでに不自由なカモのCEOだった。 パフォーマンスの低迷を乗り越えようと日産が苦戦したため、パワー・グリップは低下し続けた。

日産は7月、第1四半期の営業利益が99%減少したと発表し、2023年3月までに12,500人を削減すると発表した。

ルノーとの関係は波乱に満ちている。 ルノーは日産との合併を提案したと伝えられているが、日本の自動車メーカーは自主権を放棄せざるを得ないのではないかとの懸念から、合併を断った。 ルノーが日産の株式43%を保有しているにもかかわらず、日本の自動車メーカーは売上高ベースで最大のパートナーである。 ルノーの15%を所有しているが、議決権はない。

クボタは、ルノーに関して、親会社と子会社との間のパワーダイナミクスと資本関係の非有効性という2つの重要な問題を抱えていると認識しました。 ルノーが危機時に日産に資本を提供し、日産の親会社となったにもかかわらず、日産は一般的に収益力や技術力に優れているとKubotaは指摘した。

「日産がルノーとのパートナーシップを解消したり、親会社と子会社とのパワーバランスの不均衡を解消できなければ、包括的な経営改革を行うことは不可能です」とクボタ氏は言う。 同社の弁護士、ギブンズ氏は、日産がどの方向に向かっているかは不明だと述べた。 ルノーは、日産との提携を後退させる可能性があるにもかかわらず、新CEOを任命する権利を行使するか、日産との提携を解消することができる。

カルロス・ゴーン元会長とグレッグ・ケリー元代表取締役に対する不正行為疑惑を調査している日産内部調査の結果は、月曜日の会議で発表されたようだ。 ケリーは、2013年に¥47百万円(443,000ドル)を不正に受け取ったとして、6月に発表された雑誌取材の中で、西川氏を非難した。

ケリー自身はゴーンと共謀してゴーンの所得を税務当局に意図的に過小報告していると非難されている。

ゴーン氏は昨年11月19日に逮捕されたが、これは、ゴーン氏が当局に自分の収入を報告したり、会社の金銭を個人的に使用するために不正に流用したと主張したためである。 ゴーンとケリーはいずれも不正行為を否定する。

西川氏は、同社を追放した内部調査に参加した幹部数人の一人だった。 西川氏は、内部調査の前に不正行為の事実を知らなかったが、日産のコーポレート・ガバナンスに疑問を抱き、機能不全に陥ったとの説明を受けた。

日産は、不祥事の後、コーポレート・ガバナンスの強化と権力集中の防止のため、経営・監査機能を分担してきました。これは、サイカワ氏がゴーン氏に集積させたものだと語っています。

Ranaultカテゴリの最新記事