ルノーの見通し不振が日産株買収の可能性を高める

ルノーの見通し不振が日産株買収の可能性を高める

米自動車大手ルノー(NYSE:LU)は、フランスの自動車メーカーが日産自動車(NYSE:NMC)との関係を緩和するために、日産自動車(NYSE:NMC)の持ち分を減らすことになる可能性がある。

日本企業との株式保有契約の可能性については、ルノーにとっての1週間の騒乱の後、アナリストらが本国を牽引した。 経営陣の交代に伴い、業績の悪化とその後の株価の下落が続き、フランスの自動車メーカーが不振に陥る可能性があることは明らかだった。

ジェフリーズのアナリスト、フィリップ・ホウチョイス氏は「ルノーは、バランスシートを守るために日産株を含む資産の売却を検討する必要があるかもしれない」と指摘し、減配の可能性やキャッシュフローの低迷に対する懸念を指摘した。

株式売却は、パートナー間の紛争の核心にある、偏った株式持合い構造を解決する上で長い道のりを歩むだろう。 この緊張は、電気自動車や自律車への投資を緩和する上で役立つ、業務上の連携の更なる深化を妨げることになった。 Evercore ISIのアナリスト、Arndt Ellinghorst氏によると、ルノーの利益上の警告に対する「唯一の肯定的な評価」は、財務上の問題が日産の持ち株の売却を誘発することになるという。 しかし、この選択肢は「弱点では確かにそれほど説得力がない」のである。

ルノーと日産の関係者からは、株主構成に関するコメントは得られていない。

ルノーは日産の議決権の43%、日産はルノーの議決権の15%を保有しています。 日本企業は、フランス企業が抵抗したルノーのシェアの低下を推し進めてきた。 カルロス・ゴーン元上司が11月19日に逮捕されて以来、両社の株価は下落している。両社は相互の疑念を深め、コスト削減の約束に基づいた提携関係をほぼ解消した。

フランスの持ち株会社マーティン・バイアル最高経営責任者(CEO)は8月、フランスとルノーの関係を修正する可能性や、フランスのルノー株15%を削減する可能性すら否定しなかったものの、進展は見られていない。

フランスの自動車メーカーは、景気低迷が自動車販売を圧迫し、排出ガス規制が強化されていることから、欧州自動車部門の売り上げと利益の見通しを下方修正したことで、欧州自動車部門に陰気な雰囲気を打ち出した。 また、日産の業績低迷の影響もありました。 取締役会がチエリー・ボロー最高経営責任者(CFO)を大幅に解任し、一時的にクロティルド・デルボス最高財務責任者(CFO)に交代してから、悪いニュースは1週間もたたないうちに発表された。

中間リーダーは電話会見で、同社は三菱自動車も含めた提携関係の中で「絶望的に」協力を継続する必要があると警告した。 費用を分担するため。 2日前、スタッフ向けのビデオ講演で、両社の経営陣の交代を「ルノーと日産のシナジーを強化し続けることを示す非常に良い兆し」と語った。

ゴーンは、クルマをつくるための共通プラットフォームの開発を含め、節約を約束する三者提携を構築した。 メーカーが電動車や自律車の導入をめぐって競争を繰り広げている時代には、企業間の連携を深めることでコスト削減が可能になる。 欧州では排出規制が強化され、投資の必要性も高まっています。

しかし、彼らの協力を軌道に乗せることは、もっと遠い将来の可能性がある。

MainFirstのアナリスト、Pierre-Yves Quemener氏は「マクロ環境が悪化した場合には、すぐに解決策を見つけるのに苦労している」と書いている。 ルノーはコスト削減計画を強化し、ガバナンスを安定させる必要があるとし、同盟の見直しをより長期間で行う必要があると述べた。

NISSANカテゴリの最新記事