ゴーン氏が日産の展望について語る

ゴーン氏が日産の展望について語る

日産自動車 日産のカルロス・ゴーン最高執行責任者(COO)によると、来期には黒字転換する必要があるという。 ルノーの元執行副社長、ゴーン氏は、ルノーが3月に日産自動車の株式36%を取得したことを受け、6月下旬に日産の最高執行責任者(COO)に就任した。

ゴーン氏は、ルノーで抜本的なコスト削減策を打ち出したと評価され、現在、10月中旬に発表される日産自動車のリバイバルプランに取り組んでいる。 「われわれの目標は、来年の収益性の優先順位を確立することである」とゴーン氏は火曜日に述べた。 「信頼を得るためには、まず利益に戻り、より積極的な目標を設定しなければならない」と述べた。

日本の自動車メーカーは、山の下から抜け出すためにルノーと業務提携した。

現在、これらの山々を動かすことはゴーンの仕事であり、日産自動車が復活し、5年間で再び競争力を持つようになると考えています。 また、一握りの経営陣だけでなく、全従業員が一丸となって取り組む全社的な取り組みによって、再建が見込まれている。

NISSANカテゴリの最新記事