日産は、カルロス・ゴーン不祥事からの復興をリードする新CEOを選ぶ

日産は、カルロス・ゴーン不祥事からの復興をリードする新CEOを選ぶ

日産自動車 中国の合弁会社の責任者を最高経営責任者(CEO)に指名した。 これは、元会長がルノーとの関係を逮捕・修復したことによる部門の回復を目指しているためだ。 内田誠氏(53)は、最高執行責任者(COO)に任命されたアシュワニ・グプタ氏のほか、中国の元日産最高経営責任者(CEO)である関潤氏が副COOに就任すると明らかにした。 日産の3代目の上司は、収益の悪化とルノーとの緊張した関係に対処するとともに、大規模なリストラを実施する必要があります。

日産は、フランスのパートナーである三菱自動車とのグローバルな提携関係で、かつてのリーダーであったカルロス・ゴーン氏が金融犯罪で逮捕された1年近く前に逮捕されたことに揺さぶられた。ゴーン氏はこれを否定した。

内田氏は日産の合弁会社を中国で経営した。 日産は、多くの大手自動車メーカーと同様に、同国を唯一の最大市場と位置づけており、近年の営業利益の3分の1近くを占めています。 日商岩井(株)から日産に入社。 同筋によると、2003年にはフランスの自動車メーカーとの共同調達で、ルノーに有利になったという。

また、海外での経験で知られる内田氏は、韓国のルノー・サムスンにも勤務している。 同志社大学で神学を学んだのは、自動車産業界の異例の経歴だ。

日産の取締役会は、日産にとって危機的な時期に、新しいリーダーを選ぶよう迫られていた。日産は、10年間の低収益を記録し、12,500人の人員削減を発表し、自らを立て直そうとした。 自動車販売は世界的に減速しており、自走車から電化に至る新技術が業界を混乱させている。

SBI証券のアナリスト、遠藤光治氏は「国内外でリストラが行われており、新車開発のスピードアップが必要だが、ルノーとの経営連携や収益性改善の取り組みが混乱している」と指摘した。 「やるべきことはたくさんある」と述べた。

グプタは、ルノーのジャン・ドミニク・セナード会長が選んだトップ職の候補者の1人だった。 インドのデハラドンで生まれ、インドのジャワハルラル・ネルー工科大学を卒業し、フランスのビジネススクールであるINSEADから卒業した。

49歳、1992年にエンジニアリング、民間購買を経て、本田技研工業(株)の管理職に就きました。 インドでは1996年に、日本では1996年に。 2006年にはムンバイのルノー・インドの購買部長に就任し、2008年にはフランスのルノー日産購買組織にブレーキシステムのグローバルサプライヤーアカウントマネジャーに就任しました。

日産自動車カテゴリの最新記事