アドバイザリー・ファームは株主に対し、ゴーンからの「きれいな休憩」について、日産の西川CEOに反対票を投じるよう促す

アドバイザリー・ファームは株主に対し、ゴーンからの「きれいな休憩」について、日産の西川CEOに反対票を投じるよう促す

同社の最高経営責任者(CEO)を取締役に再任することに反対票を投じる株主は、提携パートナーのルノーとの合意を見つけるのに苦戦している西川廣人に圧力をかけている。

この動きは、日本企業の最高経営責任者(CEO)を相手取った国際委任状事務所が、世間でめったに非難することを意味する。 これは、カーロス・ゴーン委員長が指導力を求めていたが、ルノーとの広範な格差を是正することができないように見えた西川氏の不安定な立場を強調するものである。ある筋によると、この関係は危機にさらされているようだ。

インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシズ 今月開催される日産の定時株主総会では、ゴーン時代からの「きれいな休憩」を確保するために、株主総会では西川氏に反対票を投じることを勧告しました。 元会長は11月に逮捕されたが、不祥事件の裁判を待っている。 彼は彼に対するすべての罪を否定する。

インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシズは調査リポートで、「同社が過去から脱却し、新任の取締役と力強い取締役会を築く必要がある場合、14年間取締役を務め、カルロス・ゴーンと緊密に協力してきたサイ川博人の再選は適切ではないようだ」と述べた。

また、同社は、株主に対し、株式会社みずほフィナンシャル・グループの前役員である長井元氏の日産取締役会への指名に反対票を投じるよう勧告した。 ゴーン氏の在任期間中、日産は独立監査人を務め、ゴーン氏の不正行為の監視を怠ったとして「責任を分担」した。

日産は、この提言についてコメントを控えた。

また、グラス・ルイス(NYSE:GLL)も同様に、株主にサイカワの議決権行使をしないよう伝えた。 西川氏は、6月25日の株主総会で議決権を行使する株主の半数以上の賛成を得て再任される必要がある。 グラス・ルイスは、コメントを求められたが、すぐには回答しなかった。

日産のガバナンス改革を阻止しようとするルノーの最近の動きは、日仏自動車生産提携を危機にさらしている、と日産の考え方に詳しい筋は言う。

20年前の提携関係は、フランスの自動車メーカーが新しいシステムについてより多くの発言を受けなければ、提携相手が計画していたガバナンス改革を阻止することをルノーが示唆したことから、今週新たな危機に突入した。 日産は、その要求を「最も残念なこと」と公言し、「提携を危険にさらしていると言わなければなりません。 同筋によると、日本国民に敵対しないよう細心の注意を払わなければならないという。

同筋によると、「ルノーは、同盟は重要かつ不可逆的だが、両社がやろうとしていることは同盟を断ち切ることだ」としたが、この問題の機微さから、同盟の特定は控えた。 ルノーは、ガバナンス投票を棄権することで、3つの委員会を含む新しいガバナンス・システムを事実上阻止することになる。なぜなら、採択には3分の2の承認が必要だからである。

ゴーン氏が逮捕されて以来、提携関係が圧迫されている両社の間には、深刻な緊張関係がある。 三菱自動車を含む大規模な提携に比べれば、現在の課題はさらに大きくなる可能性がある。

ルノーとフィアット・クライスラー・オートモバイルズは今週、合併計画を再開し、日産の承認を得る方法を模索しているとロイターが報告した。 このため、日産はルノーに日産株の43.4%を大幅に削減するよう促す用意があると、ロイターは報告している。 日産は最近、FCAとルノーの合併については投票を控える方針を明らかにした。 ただ、FCAとルノーはいずれも、今回の失敗がフランス政府に正面から影響を及ぼしたとしている。

Ranaultカテゴリの最新記事