カルロス・ゴーンの退職給付および株式連動型報酬制度の廃止

カルロス・ゴーンの退職給付および株式連動型報酬制度の廃止

日産自動車(株)は、前会長であった日産自動車(株)との距離を置くための最新の措置を講じた。 カルロス・ゴーンの未払いの補償給付を取り消している

ゴーン氏は11月、財務上の不祥事で逮捕されたが、¥44億4000万ドル(4100万ドル)の退職給付金を受け取ることはないと発表した。 また、株価連動型の新株予約権(¥22億7000万株)も取り消されていると発表した。

報酬は、ゴーン氏が日産、ルノー、三菱自動車(NYSE:MMM)との間で創設した自動車提携を不安定化させたとされているゴーン氏を相手取った訴訟で重要な問題だ。 ゴーンは、同氏に対するすべての告発を否定し、規制当局への提出書類に遅延報酬を含めないことで適切に行動したと主張している。

ゴーンの2004年3月期の報酬総額は¥16億5000万ドルに達した。これには、¥4億1000万円がすでに支払われているほか、¥12億4000万円が退職まで繰り延べられることになっている。 日本の工場での検査問題やゴーン事件で賃金が削減された後、¥4億400万円の賠償金を受け取ったのは、日産のサイカワひろと最高経営責任者(CEO)だった。

CEOは、4-6月期に報酬の半分を返還すると発表した。 また、新たに設置された報酬委員会は、今年度の残りの期間の報酬を決定する。

今週、日産の株主は、指名、監査、報酬に関する3つの取締役会委員会を設置することを承認しました。 ガバナンス構造は、ゴーン氏の逮捕につながった失敗に対処するために、一人の個人に対する監督を強化し、企業の権力の集中を防ぐことを目的としている。

日産自動車カテゴリの最新記事