東京裁判所がゴーン氏の拘禁を4月22日まで延長、日産の上司控訴の弁護士

NO IMAGE

東京の裁判所は金曜日、旧日産自動車の勾留を延長することを決定した。 カルロス・ゴーン会長は4月22日、先週、新たな財務上の不正行為をめぐる疑惑が浮上したことを受け、後任に就任した。

ゴーン氏(65)は4月4日、日産の資金を悪用したことで500万ドルの損失を被ったとする新たな疑惑で逮捕状を受け取った。 彼は保釈を解除されてから1カ月もたたないうちに新たな主張がなされた。 東京地方裁判所の最新の判決は、日曜日の最新の拘禁解除期限が近づいていることを受けて下された。 彼の弁護士たちは同日、この判決に不服を申し立てた。

ゴーン氏は、日本の金融商品法に違反したとして、規制当局に報酬を過少報告したとされて起訴されている。また、日産への民間投資損失の移転に関連して、信頼の侵害が加速したとして起訴されている。 新たな逮捕状は、2015年12月から2018年7月の間に総額1,500万ドルに上ったオマーンの販売代理店への支払いに対する信頼の悪化という別の申し立てのために送達された。

東京の検察官は、500万ドルがグッド・フェイス・インベストメンツが所有する銀行口座に振り込まれたと疑っている。グッド・フェイス・インベストメンツは、ゴーンが実質的に所有するレバノンの投資会社である。その一部が、納税地である英領バージン諸島を拠点とする妻の会社に振り向けられた。 事情に詳しい筋によると、¥16億ドル(1400万ドル)相当の高級ヨットを購入した費用の一部は、主に家庭用と水車の購入費用に充てられた可能性がある。

ゴーン氏は11月に逮捕されて以来、不正行為を否定している。 ゴーン氏は20年近くに及ぶカリスマ的なリーダーシップをとり、突然の終結を迎えた。

ゴーン事件への対応は、被疑者の長期収容や弁護士の立会いなしの取調べなど、日本の刑事司法制度を国際的に精査することになった。 ゴーンの妻であるカロール氏は、東京の裁判所で検察側から質問を受けた。同裁判所では、英領バージン諸島に本拠を置くゴーン氏の会社に日産資金が移転されたとされる疑問に答えたとみられている。

日産自動車カテゴリの最新記事