新日産チーフ「内田誠」が乗用車メーカーの復活を誓う

新日産チーフ「内田誠」が乗用車メーカーの復活を誓う

新日産自動車(株) 内田誠氏は、昨年のカルロス・ゴーン前会長逮捕後、自動車メーカーの業績が悪化していることから、同社を立て直すことを約束した。

同社は、20年にわたるゴーン時代から脱却することを目指している。ゴーン時代はトップダウン方式で、カリスマ的なチーフに電力が集中していた。 むしろ、新たな3本柱の経営体制で、集団としてのリーダーシップをより重視したいと考えている。 ただ、日産の賭け金は、利益の減少、フランスの提携パートナーであるルノーとの関係の損壊、コーポレート・ガバナンスの問題など、新たなリーダーたちが数多くの困難な課題に直面することから、成果を上げるかどうかは不透明だ。

「正直に言う。 「日産は非常に厳しい状況にあります」と、新任の役割を開始した内田氏は、月曜日に横浜本社で開かれた記者会見で語った。 日産には、内田だけでなく、新たに2人のリーダーがいます。 旧三菱自動車 COOにはアシュワニ・グプタが、副COOには日産のシニアバイスプレジデントである関潤が就任している。

内田氏は、月曜日に発足した新体制の下、グプタやセキと緊密に協力する方針を明らかにした。 同氏は、3人体制で意思決定を遅らせるとする声もあるが、そうはならないと考えている、と付け加えた。 グプタとセキは、3人の首脳の結束を明確に示すため、記者会見で短いスピーチを行った。

「トロイカ」の仕組みは、日産がコーポレート・ガバナンスの改善に取り組むために委嘱した有識者からなるパネルによれば、ゴーンは、一人のリーダーが過剰な権力を行使しないようにすることを目的としています。

「現状を考えると、日産には強いリーダーシップが必要だと思うかもしれませんが、それに反するアイデアもあります」と、日産の取締役会の木村保志会長は、新任リーダーの発表を受けて10月に語りました。 木村氏は、コレクティブ・リーダーシップは、首脳間の友好的な競争を促進するものであり、首脳同士は互いに支援し合うだろうと述べた。 また、経営の透明性が高まり、より公正な意思決定が行われることが期待されると付け加えた。

内田氏はまた、日産の企業風土を変革したいと述べた。 日産は、達成不可能な事業目標を設定し、短期的な利益を重視するようになり、結果的にバックファイアになった。

4-9月期の営業利益は、前年同期比85%減の316億円の¥となりました。 全世界の主要市場で販売台数が減少しました。 また、通期業績見通しについても、¥2,300億円から¥1,500億円、¥1,700億円から¥1,100億円に下方修正した。

また、環境にやさしいクルマづくりや自律走行のノウハウ・技術が欠かせない業界での競争環境の変化を乗り切るためには、ルノーや三菱自動車とのアライアンスが重要であることを強調しました。 「事業を立て直し、さらなる成果を上げるためには、提携が不可欠です」と内田氏は言う。

内田氏は、日産との合併を目指すルノーについて、現時点では全く話していないと言う。なぜなら、アライアンス・パートナーはまず、それぞれが直面している問題を特定する必要があると考えているからである。 内田、グプタ、セキは、同盟の維持・強化が重要であるとの認識を共有している、と木村氏は述べた。

グプタは三菱自動車の元COOであり、ルノー出身であるため、新3極体制は、同盟の調和を図ることを目的としている可能性がある。 接着剤であったゴーンの出口以来、緊張感が強まっている。 ゴーンは2018年11月、給与の過少申告を理由に逮捕された。 彼は不正行為を否定する。 指導部を引き継いだが、過剰支払いの疑惑に襲われ、9月に降伏を余儀なくされた。

日産は、コーポレート・ガバナンスの充実を図るため、取締役選任委員会を設置しています。 内田選手は約10名の候補者の中から選ばれた。

NISSANカテゴリの最新記事