日産のCEOである西川廣人氏が辞任したと報告書は指摘する

日産のCEOである西川廣人氏が辞任したと報告書は指摘する

日産自動車 日本経済界で最もカリスマ的なリーダーの一人が倒れ、コーポレート・ガバナンスに深刻な疑問を投げかける不祥事に悩まされていた西川博人CEOは、辞任する意向を表明した。日経ビジネスは日曜の夜、次のように報じた。

元日産会長のカルロス・ゴーン氏が倒れた後、西川氏をはじめとする日産幹部が過剰な報酬を受け取っていたことが明らかになった。

同紙によると、サイカワ氏は、同社幹部数人に、辞任すると伝えたという。 同報告書によると、同社は月曜日に取締役会を開き、その間にこの問題について話し合う予定だという。 経営幹部が株価上昇権を介して超過報酬を受け取ったことについては、社内調査が行われ、水曜日に日産監督委員会に報告された。 この結果は月曜日の会議で報告される。

自動車メーカーのリーダーシップが、日産の低迷する販売パフォーマンスを回復させる大きな圧力に直面していることから、彼は辞任した。 特に西川氏の辞任は、カルロス・ゴーン元会長とグレッグ・ケリー元最高経営責任者(CEO)が逮捕された後に明らかになった、企業の監督機能の低下に対する説明責任が懸念されているためだ。

西川氏は木曜日、自動車メーカーが運営するエクイティ関連の報酬プログラムが彼に過大な報酬を支払っていることを認めたが、支払いを命じたことは否定した。 同社によれば、法律を破ったとは思わないという。 メディアの報道によれば、2013年にストック・ゲイジング・ライツ・プランとして知られていたものを介して、数千万円の追加支払いを受け取ったという。 取締役は、株価が上昇した場合にボーナスを受け取ることができる。

ケリー氏は6月の雑誌インタビューで、済川氏が2013年に¥47百万円(443,000ドル)を稼ぐために、当初の計画を実行することができた時期に、意図的に遅れたと主張した。 ケリー自身はゴーンと共謀してゴーンの収入を当局に意図的に過小報告したと非難されている。

ゴーン氏は昨年11月19日に逮捕された。 検察当局が、ゴーン氏の収入を不正に報告し、同社の金銭を個人的使用に不正流用したと主張したためだ。 ゴーン氏は昨年11月19日に逮捕された。 ゴーンとケリーはいずれも不正行為を否定する。

西川氏は、ゴーン氏とケリー氏の逮捕、ひいては起訴につながった内部調査の一環として、数人の幹部の一人だった。 西川氏は、内部調査の前に、不正行為とされる事実を知らされていない。 廃業後は、コーポレート・ガバナンスの強化と権力集中の防止のため、経営・監査機能を分担し、ゴーン氏はゴーン氏が蓄積したと語った。

それでも、日産は従来の売り上げの反転に苦戦し、CEOの下落が続いたため、西川氏は権力を握っていた。

日産は7月、今年1-3月期の営業利益が99%減少したと発表し、2022年までに12,500人を削減すると発表した。 西川氏は、2017年4月に日産のCEOに就任した。

日産自動車カテゴリの最新記事