日産株主はルノーとの緊張したパートナーシップに懸念を表明する

日産株主はルノーとの緊張したパートナーシップに懸念を表明する

日産自動車株式会社株主 2日、ルノーは、同盟パートナーのルノーとの豊富な関係に懸念を表明した。 一方、カルロス・ゴーン元会長の逮捕後、監督機能を強化するための新たなガバナンス体制を導入するにあたり、緑の光が当たった。

横浜で開催された年次株主総会では、複数の利害関係者がルノーに不信を表明した。 両社は合併提案と、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(NYSE:FIAT)との提携に関し意見が対立している。 「ルノーの会長ではなく、日産の取締役を務めるのか?」と株主はルノーの会長であるジャン・ドミニク・セナード氏に尋ねた。同氏は日産の取締役を兼務している。

セナード氏は、「(日産の)幸せのために働いている」と述べ、思っていたよりも「はるかに悪い状態」にあった同盟関係を「円滑にする」ために、あらゆることを行ってきたと述べた。

セナード氏は、日産とルノーの合併は、取締役会の承認が必要なため、片手で実現できるものではないと説明した。 ルノーは日産の株式43%、日産はフランスの自動車メーカーの株式15%を保有している。 ルノーは両社の合併を提案したと伝えられているが、日産は独立性を失うのではないかとの懸念から消極的である。

また、日産の西川廣人CEOは、今回の会議で再度合併案を否決したものの、業績が低迷する中で、ルノーとの関係を安定させることが重要であると強調した。 3月期は11年ぶりの低収益を見込んでいます。

72歳の横浜居住者が、会議後、氏名を明らかにしなかった。ルノーを完全に信頼することはできないが、Win-Winの関係を構築することが重要であると述べ、持合い比率をより平等にすべきであると述べた。 サイカワ氏は、必要に応じてルノーに株式保有残高について話し合うと述べた。

フィアット・クライスラーとの合併に失敗したことについて、セナード氏は「機会を失った」と指摘した。

「日産とアライアンスにとって素晴らしいプロジェクトだったでしょう。なぜなら、私の考えでは、将来的に同盟を強化・強化する唯一の方法だったからです」とSenard氏は言う。 ルノーとフィアット・クライスラーの合併交渉のニュースは先月突然出現したが、日産はこの計画に関心を持っていたため、最終的には断念した。

セナード氏によると、「世界中の競合他社はすべて、買収が実現しなかったことに非常に満足していた」という。

株主総会では、西川氏がCEOにとどまることを株主総会で承認したが、ゴーン氏の財務上の不祥事を見逃していると批判する声もあった。 ゴーンは主張を否定する。 サイカワ氏は、いつ責任を負うかを問われ、新たに設置された指名委員会が次期経営体制の「スピードアップ」に向けた取り組みを期待していると述べた。

また、年次総会では、取締役の指名、報酬、監査の3つの重要委員会を設置し、日産の組織体制を大きく変えました。 委員会は、企業の内部政治からより独立したものになるように設計されている。 昨年11月にゴーンが逮捕され、問題が顕在化したことから、コーポレート・ガバナンスの強化が重要な課題となっています。

また、専門家委員会の報告によると、人事を効果的に監督するために、1人の役員に権限が集中することを避けるため、会長の立場を廃止したという。これはゴーンの場合とみられる。 しかし、アライアンスパートナーのルノーとの緊張が高まる中で、フランスの貨物メーカーのコンセンサスを得るプロセスは順調に進んでいなかった。

当初は、セナード氏のみを委員に任命する予定でした。 しかし、ルノーは、株主総会での議決権行使を、要求が満たされなければ棄権するとし、より多くの代表権を要求した。 セナード氏は、フランス企業は公正な代表権を求めているにすぎないと述べた。 最終的に日産はルノーのチエリー・ボロー最高経営責任者(CEO)を監査委員会のメンバーに選んだ。

Ranaultカテゴリの最新記事