カルロス・ゴーン氏は、¥17億円の運用損を日産に振り向けたとされ、西川社長は会長兼任となった

カルロス・ゴーン氏は、¥17億円の運用損を日産に振り向けたとされ、西川社長は会長兼任となった

日産自動車(株) カルロス・ゴーン会長は、2008年に個人投資から自動車メーカーに¥17億ドル(1500万ドル)の損失を移した疑いがあるとし、同社に対する不正行為の疑いに加えていると同日、情報筋は語った。

情報筋によると、証券取引等監視委員会は、ゴーンのデリバティブ取引に関連する不正行為の疑いを認識し、取引に関与した銀行に対し、ゴーンの不正行為が加重された可能性があることを通知した。 SESCは火曜日、ジャパン・タイムズ紙に、具体的な事例についてコメントしないと伝えた。

Ghosnが十分な担保を確保できなかったため、日産は2008年の世界的な金融危機の中で被った損失を負ったという。

先週、金融商品取引法違反の容疑で逮捕され、2015年3月までの5年間で約50億¥の過少申告を行った。 同氏はこの間、同社から100億ドル近い¥を受け取った。 情報筋によると、元日産会長は、退職時に受け取るべき報酬の一部を有価証券報告書に記載していないことを認めた。

「支払いが決済されていないため、これらを含める必要はない」とGhosnは、情報筋が言うように引用した。

事情筋によると、ゴーン氏は日産のビジネスジェット機の1機を私用旅行に使用した疑いもあるという。 64歳の男性は、日産の専用機の1機に乗り込み、業務以外の目的で旅行したとされている。

このジェット機は、ゴーン社の専用機として用意されていたが、主要拠点を持たない国々に飛び込んだ。 出身地にはベイルートが含まれており、ゴーン氏は日産グループが購入に数億円を費やしたとされる住居を無料で利用していたという。 4~5年前にリフォームされた後、ゴーンはほぼ毎月サイトを訪れたと伝えられている。

世界各地の飛行機の信号をとらえ、世界中の路線を示す民間ウェブサイトによれば、日産ジェット機は先月からレバノンに数回飛行しています。 ジェット機は11月19日、東京の羽田空港に到着したゴーンが逮捕され、レバノンを出発した。 ガルフストリーム・エアロスペース(NYSE:GA)が製造したこの飛行機 登録番号N155ANは、数十億円規模のハイエンド機種で、ビジネスジェット機で最も高速・最長の飛行能力を誇っています。

ゴーン氏は先週、ゴーン氏と共謀している疑いのある元日産代表取締役のグレッグ・ケリー氏とともに、日産の取締役会によって会長職を解任された。 日産は来月の取締役会で、CEOの西川廣人を会長に任命する予定だと、事情に詳しい筋が明らかにした。

取締役会は12月17日に会合を開く予定だ。 3人の独立取締役が、他の6人の取締役の中から会長候補者を指名する。 ゴーンとケリーは取締役会にとどまる。

西川氏は、11日の緊急理事会で暫定的に日産の会長に任命される予定だったが、ゴーン氏が会長兼CEOを務める提携相手のルノーを怒らせる懸念があるため、この計画は保留されている。 リーダーシップの空白はますます勢力闘争に変わりつつあるようだ。

ゴーンとケリーは現在勾留されているが、起訴されていない。 捜査情報筋によると、彼らは彼らに対する主張を否定している。

⤢・ウォール・ストリート・ジャーナル米法律事務所ポール、ワイス、リフカインド、ワートン・アンド・ギャリソン(NYSE:GG)との間で、24日、ゴーンが有名な弁護士事務所  同紙は、米国の主要金融機関を代表する企業は、日本における金融不祥事の疑いに対してゴーン氏を弁護する、と述べた。 企業の役割の詳細は不明である。

ジャーナルによると、法律事務所のブラッド・カープ会長と、同社のパートナーであるマイケル・ゲルツマン氏がゴーン氏の訴訟を担当する。 また、情報筋によると、東京証券取引所は、元会長による財務上の不正行為の疑いについて、日産を調査する計画だという。

東京証券取引所は、上場規則に基づき、日産の内部管理体制を含め、詳細な検討を行います。 また、自動車メーカーの監査役である新日本有限責任監査法人にもヒアリングを行う予定である。 フランスの財務・経済大臣ブルーノ・ル・メイアは、三国同盟がルノー出身の人物によって主導され続けることが望ましいと考えていると述べた。

ゴーン氏は1999年にルノーから日産に最高執行責任者(COO)として派遣されたが、日系自動車メーカーの業績を立て直し、抜本的なコスト削減策によって倒産の危機から脱した。

ルノーは日産の株式43.4%を保有しており、ゴーン氏の後任として、西川氏よりもむしろ自社の幹部の1人を推し進めていくとみられている。 日産はフランスの自動車メーカーに15%、三菱自動車に34%出資している。 当社は株主ではありませんので、新経営陣の構成については、政府としてコメントしない旨、清子洋重産業大臣から記者会見で伝えられました。

三菱自動車の取締役会も、ゴーン会長を解任することを全会一致で可決した。

また、ブラジル生まれの幹部は、レバノンやフランスの市民権も持っており、4カ国に広がる豪華な住宅の購入・改修のために企業資金を使った疑いがあり、¥17億ドルの個人投資損失を日産に移したとされている。

日産自動車カテゴリの最新記事