日産、ルノー、三菱の3社は、カルロス・ゴーン時代以降、新たな合弁会社を設立し、新たなスタートを切る

日産、ルノー、三菱の3社は、カルロス・ゴーン時代以降、新たな合弁会社を設立し、新たなスタートを切る

横浜:日産自動車(株)、ルノー(株)、三菱自動車(株)とのグローバルな自動車提携スキャンダルのリーダー。 両社は、ライバルの自動車メーカーに勝つために、バランスのとれた、より強固なパートナーシップを目指すと発表した。 3社は、ポストカルロス・ゴーン・アライアンスの構造を明らかにするため、公正なパワーバランスで運営されるよう設計された新しい共同経営委員会を設立すると発表した。

ルノーのジャン・ドミニク・セナード会長は、日産の横浜本社での記者会見で、「今回の提携は非常に特別な日である」と述べた。

「我々は、我々の協力の強みを高めるために、力を再び結集することを決定しました」とSenard氏は述べた。 3社は、新たな取締役会を設置することで、提携管理体制を簡素化するなど、いくつかの点で合意した。

両首脳は、同盟の唯一の統治機関となると述べた。 現在、日産とルノーの合弁会社と日産と三菱自動車の合弁会社がアライアンスを運営しています。

新取締役会は、セナード氏、日産の西川博人CEO、ルノーのティエリー・ボロールCEO、三菱自動車の増子修会長の4名で構成される。 3人全員が火曜日の記者会見に出席した。 西川氏は、従来の提携の運営体制が日産の立場でバランスがとれていなかったことから、公平性を尊重することの重要性を強調した。

「ルノー、日産、三菱の3社は、コンセンサスのもと、Win-Winの精神で活動します。 「これは真の対等なパートナーシップ組織です。…これは非常に効率的であり、このようなものを始めることは非常に重要な意味を持っています」と西川氏は言う。

日産によると、これまでの意思決定はルノーと日産のジョイントベンチャー・ボードのトップに委ねられていた。ルノーの幹部が議長を務めたため、日産は提携政策をコントロールする最終的な権力を持っていなかったという。 しかし、新取締役会の会長にはそうした権限はない、と同社は述べた。

また、日本の報道機関の中には、日産とルノーの元チーフであるゴーン氏が三者提携の責任者を兼任し、権力を握りすぎたと報じているところもある。

西川会長は、日産の会長就任の慣習はセナードには適用されないことに合意したと述べ、この変化は日産の独立性が尊重されているもう1つの例であることを強調した。

日産とルノーは、アムステルダムを拠点とする合弁会社「ルノー・日産B.V.」が今後も存続し、新たな取締役会のバックアップ・アライアンス・オペレーション・ボディとして機能することを発表しました。 ルノーと日産は、現時点では株式持合いにおけるパワーバランスの見直しを検討していないと述べた。

1999年に日産を救うために搭乗したゴーンは、同盟の建築家だった。 日産とルノーは、独立性を尊重しつつ、ある持株会社のもとで合併することを視野に入れていたという。 日産は、自律性が損なわれるのではないかとの懸念から、合併計画を受け入れることに消極的でした。

ゴーンがこのような合併を本当に計画しているのかどうかを尋ねたセナード氏は、合併、すなわち株式保有のパワーバランスが「今日のポイントではない」ことを確認することはできないと述べた上で、「私は状況を現状のままとらえ、将来を見据えている」と述べた。

ルノーが日産株の43%、日産がルノー株の15%を保有しています。

同盟の運命が注目された一方で、記者団は元チーフについても多くの質問を行った。

ゴーン氏は先週、東京拘置所から100日以上経過して保釈されたが、東京地方裁判所に、火曜日の日産取締役会に出席する許可を求めた。 日本のメディアの一部報道によると、ゴーン氏が日産幹部と通信した場合、エビデンスが破壊される危険性があるとして、裁判所はこの要請を拒否した。

ゴーン氏の弁護士、広中純一郎氏は、ゴーン氏は依然として取締役であり、職務上の義務を果たしたいと述べた。 日産は、会議がスムーズに進まないのではないかとの懸念から出席に反対し、テレビで放映されたやりとりで記者たちに語った。 日産の取締役会は、11月19日にゴーン氏が逮捕された後、ゴーン氏を会長から解任したが、取締役にとどまっている。 会社は、取締役を任命または解任するために、株主総会の承認を必要とする。

日産は、ゴーン氏とゴーン氏とともに逮捕された元日産代表取締役のグレッグ・ケリー氏を解任するため、来月臨時株主総会を開催する予定です。 65歳のブラジル人出身のフランス人幹部が、収入過少申告の疑いで初逮捕されたのは、羽田空港の東京地検の事務所だった。

その後、検察官は、2008年の世界的金融危機の際に、彼の所得をさらに過小評価したとされる事件と、日産への個人投資損失の移転を伴う信託違反の加重事件を含む、2件の金融不祥事で再度彼を逮捕しました。

ゴーンはすべての主張を否定している。

セナード氏はゴーン氏に対する疑惑についてはコメントを避けた。 同氏は、法的評決が下されるまでは、原則として人は無罪だと考えている、と述べた。

NISSANカテゴリの最新記事