情報筋によると、日産は世界中で1万人以上の人員(期間工含む)削減を行い、利益が急落した。

情報筋によると、日産は世界中で1万人以上の人員(期間工含む)削減を行い、利益が急落した。

日産自動車 事情に詳しい筋によると、1万人以上の人員削減を計画しており、経営陣の交代に取り組む自動車メーカーにとっては厳しい道のりを示している。

同筋によると、5月に発表された4800人の人員削減計画には、稼働率の低い海外工場が大半を占めるという。 同筋によると、この情報は未だ非公開のものだとは明らかにされていない。 同筋によると、同日の決算発表と同時に発表される見込みという。 日産は木曜日の発表前にコメントを控えた。 日産の広報担当者、奥田光治氏は「われわれは(木曜の決算発表で)何を発表するかはまだ決まっておらず、(メディアの)推測についてはコメントしない」と述べた。

この削減は、13万9000人の従業員の7%を超えるもので、西川廣人最高経営責任者(CEO)が直面している問題の大きさを浮き彫りにしている。西川廣人最高経営責任者(CEO)は、共同議長のカルロス・ゴーン氏の逮捕後、フランスの同盟パートナーであるルノーとの関係が崩れていることにも直面している。 ゴーン氏は財務上の不正行為で起訴され、不正行為は否定されている。

西川氏は先月の定時株主総会で議決権を握ったが、ゴーン氏のリーダーシップを求められていたことを考えれば、株主に再任しないよう促した議決権行使助言会社のめったにない非難と戦わざるを得なかった。 西川氏は、ディーラーに高い販売奨励金を支払っている海外最大市場のひとつである米国での売上減少を食い止めるのに苦戦している。

5月には年間営業利益が28%減少し、前年比45%減となる見通しで、11年ぶりの減益を見込んでいる。 3月期の当社グループの売上高は、前期比4.4%減の552万台となり、前年度比57.3%の減益となりました。

北米では、競合する自動車メーカーとの価格競争が激化していますが、今後は先進技術を駆使した新型車を投入し、競争力の強化を図っていきます。 事情に詳しい筋によると、日産は事業拡大に注力していたゴーン氏の退任後、収益改善に向けた改革を進めているという。

西川氏は、業績不振に対処する一方で、ルノーとの信頼関係を修復しなければならない。ルノーは、フランスの自動車メーカーが日産の支配力を強化するため、ここ数カ月で悪化している。 ルノーは日本の自動車メーカーの43%を所有しており、パートナーの議決権を持たない15%の株式を保有している。 ルノーとの対等な立場を求めてきた西川氏は先月、日産は業績重視のために同盟の将来に関する協議を延期すると述べた。

Ranaultカテゴリの最新記事