フランスは、ゴーンが構築した偏った提携関係をめぐる緊張の中、ルノーと日産の合併構想を軽視している

フランスは、ゴーンが構築した偏った提携関係をめぐる緊張の中、ルノーと日産の合併構想を軽視している

・フランス財務相は、ルノーと日産自動車(建築家のカルロス・ゴーン氏)との20年にわたる提携関係を、金融犯罪の容疑で日本で逮捕されてから2カ月間、拘置所に残す計画はないと述べた。

Bruno Le Maireは、Journal du Dimancheに土曜日後半に発表されたインタビューで、「ルノーと日産の株式持合いの再均衡化や修正は表にはない」と語った。 フランスは、ルノーの指揮下にある「堅固で安定した」統治を望んでいる、と同氏は述べた。

緊張は、パートナーシップの偏った構造のために、パートナーシップの両側で沸き立っている。 日産はルノーを上回る売上・利益をあげているが、日本企業の影響力ははるかに弱く、ルノーの議決権を持たない株式を15%保有しており、その結果、日産の株式を43%保有している。 フランス政府はルノーの15%を所有している。

先週、フランス政府が指名したルノーのマーティン・ヴィアル監督をはじめとするフランス代表団が、東京で日産のサイカワ最高経営責任者(CEO)をはじめとする日本政府関係者を訪問しました。 日産の次期会長である日経新聞社長を任命したいとのルノーの意向を伝えるとともに、両社を一つの持株会社にする意向を伝えた。情報の入手場所は言うまでもない。

代表団に近い関係者によれば、議論はルノー・日産アライアンスを強化するための方法とアイデアに焦点を当て、持株会社の創設を選択肢のひとつとしました。 国民からは、会議中に何の提案もなされなかったこと、具体的な計画について話し合うのは時期尚早であることが強調され、審議は秘密であるため、特定されないよう求められた。

事情に詳しい筋によると、日産はこの提携関係を維持したいが、両社の完全合併には抵抗する可能性があるという。 ルノーの広報担当者はコメントを避けた。 日産の広報担当者に送られた電子メールは、日曜日に答えられなかった。

ゴーン氏は昨年、Bloombergが発表した合併の可能性を含め、逮捕前に両社の緊密な統合を進めていたが、日産はより多くの分野で影響力を持つようにならない限り、合併に抵抗した。

ゴーンは、何十年にもわたって金銭的な犯罪を犯していると非難されている。 自動車大手は、日産の収入を何千万ドルも下回り、個人取引の損失を自動車メーカーに移したとして起訴されている。 日産はまた、ゴーンがブラジルからレバノンまでの自宅を含む会社の資金を悪用し、姉を顧問契約で雇ったと主張している。

日産は、ガバナンスの再構築に向けた改革を進め、会長の役割を廃止する方向で検討を進めています。 このスキャンダルは、ゴーンが20年にわたって組合を結んでいるルノーとの提携にも緊張をもたらした。 ルノーは先月、新たな取締役を日産の取締役会に任命し、提携関係の中で権力を守る計画を明らかにした。

「ルノーは取締役を指名する可能性を行使したいと考えており、これは株主総会で行われる」とBFMビジネスに関するインタビューで、フランス政府の持ち分を保有する当局の責任者でもあるバイアル氏は述べた。 日産の西川CEOは以前、日産のガバナンスについて話し合うために、フランスの自動車メーカーが全株主総会を開催するよう求めていたことを非難した。これは、取締役を変更するために必要なことである。

日産のガバナンス改善特別委員会は、日曜日に初めて開催され、3月末までにいくつかの提案を行うと発表した。 また、西岡清一郎委員長は、一人の力に集中しすぎたことが自動車メーカーの問題につながった可能性があると述べた。 ゴーン氏は、ルノーの会長兼CEOの役割からも解任される可能性がある。フランスの財務相は先週、解任を求めた。

NISSANカテゴリの最新記事