元日産のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は、検察側の控訴を却下した後、保釈を解除する方針を明らかにした

元日産のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は、検察側の控訴を却下した後、保釈を解除する方針を明らかにした

日産自動車(株)は、65歳の誕生日を迎えました。 カルロス・ゴーン議長は、条件付きではあるが、自由を取り戻すという誕生日の願いが実現することを目の当たりにするかもしれない。

107日後、東京の羽田空港で財務上の不祥事で起訴された突然の拘禁を皮切りに、東京地方裁判所は火曜日、ゴーンの保釈を認めた。 連邦地裁は、ゴーン氏の保釈を解除するとの判決を破棄するため、検察側の最終的な努力を拒否した。 ゴーン氏は水曜日にも釈放される見込みだ。 10億¥の社債が支払われれば、同氏は解放される見込みだ。

ゴーンは火曜日の夜に発表した声明の中で、「この悲惨な悲劇の間、私の立ってきた家族や友人に非常に感謝しています」と述べた。 「無罪の推定と公正な裁判のために戦う国内外のNGOや人権活動家にも感謝しています。 無実で根拠のないこうした非難に対して、公正な裁判で自らを精力的に弁護することに全力を尽くしている」と述べた。

木曜日に提出された保釈請求は、彼の釈放を確保するための3回目の試みであった。 しかし、今回は、2月中旬に任命された新しい法務チームの下で、この要請が提案されたという、いわばねじれがあった。

専門家によると、新チームの下での法的戦略は、東京地検の特別捜査部門が提起した疑惑にもかかわらず、保釈を許可する裁判所の決定において役割を果たした可能性があるという。

ゴーンの弁護士である広中純一郎氏は、同国で最も注目を集めている訴訟で、無罪判決を勝ち取った実績があり、「カミソリ」というニックネームを獲得した経験豊富な弁護士である。 先に述べたように、ゴーンは弁護士としての「本能的な感覚」、彼との交流、彼の本の読書に基づいて無実だと信じている。

73歳の弁護士は、ゴーン氏が外部の人々とのコミュニケーション能力を制限したり、監視下に置かれたりするなど、エビデンスを破壊する可能性を減らす措置を、法務チームが最新の保釈金控訴に列挙したと発表した。 いつものように、彼は外国旅行を禁じられるだろう。

「われわれは、飛行の危険性や証拠の改ざんの危険性がまったくないことを示す、われわれ自身の説得力のあるアプリケーションを提示したと信じている」と、広中氏は月曜日に記者団に語った。

逮捕時からゴーンの無罪を主張してきた弁護士ゴハラ信夫氏は、保釈請求の成功には法務チームの人事異動が不可欠だと述べた。 新チームは、最初のチームとは異なり、ゴーンが証拠を抑圧する脅威にはならないことを裁判官に実証・説得することができた。これは、検察官が保釈を許されるべきではないと主張した根拠のある点である。

「以前の法務チームが検察官に十分な反論をすることができなかったため、この要請は認められなかったと思います」とゴハラ氏は言う。

ゴハラ氏は、この決定自体について、初めて承認されるべき「当然のことだ」と述べた。 しかし、これは「画期的な出来事」であり、日本の刑事司法制度では例外的な出来事であるとして、裁判所が検察側の特別捜査部門に不利な立場をとった、と同氏は指摘した。 連邦地裁は、1月にゴーン氏を相手取って検察側が新たな申し立てを行ったことを受け、これまでの要請を却下した。 連邦地裁は、フライト・リスクと証拠隠滅の可能性があるため、保釈は認めていないとした。

高井安之弁護士は、保釈の条件に具体的な措置を盛り込むことの重要性を認めたが、法務チームの交代の重要性を軽視した。 むしろ高井氏は、ゴーンが保釈を受けているのは、法制度の変化を反映したものだと述べた。

多くの先進国と同様、日本も逮捕直後に被疑者を釈放していた、と同氏は述べた。 しかし、1970年代後半、大きな政治スキャンダルの中で、長期にわたる拘禁が問題となり、疑わしい慣行が定着した、と同氏は述べた。 しかし、近年、裁判官が保釈を認める傾向が強まっているのは、被疑者が罪を認めているかどうかではなく、特に証拠隠滅のリスクに焦点を当てているためだと同氏は述べた。

「判事たちは保釈金を与えるのをためらっていました」と高井氏は言う。 しかし、裁判官の考え方は変わりつつある」と述べた。

東京地検は11月19日、ブラジル生まれのフランス自動車幹部64歳を、収入過少申告の疑いで逮捕した。

その後、検察官は、2008年の世界的金融危機の際に日産に個人投資損失が移転されたとされていることを理由に、加重された信託違反など、財務上の不正行為があったとして、2件の訴訟を起こした。

また、保釈を認める決定は、非難者、特に国外の批判者から、非難者に有利な立場に置かれているとする日本の法制度への批判が高まる中で下される。 弁護人は、取調べに立ち会うことは許されず、被疑者は、特に罪を認めない場合には、公判に出頭する前に数カ月間拘禁されることがある。

ゴーンの長い拘禁にうんざりしたようだが、家族は解放を求めて国連に訴える用意ができたと、弁護士の1人は月曜日に語った。 フランソワ・ジメレイ氏は「われわれは、基本的人権の遵守を扱う国連機関に訴えることを決定した」と述べ、ゴーン氏の家族が発表した声明を読んだ。

「カルロス・ゴーンは現在、日本で100日以上開催されており、中世のルールがある」と述べた。 この弁護士はゴーンの妻、カロールを代表している。彼女はパリ・マッチ誌の最近のインタビューで、夫の拘禁条件を「残念なこと」と述べ、子どもたちはカロリン、マヤ、ナディン、アンソニーと述べた。

日産自動車カテゴリの最新記事