日産自動車モールは、購買経験の向上を目指しています

日産自動車モールは、購買経験の向上を目指しています

神奈川県座間市 (株)日産自動車 新車・中古車へのアクセスを容易にし、販売効率を向上させる取り組みの一環として、日本最大級の新しいカーモールを月曜日に発表しました。

「カレスト座間」は、日産の新型車100台以上、他社製車両を含む中古車1,000台、部品・消耗品約3万点を展示・販売しています。 このモールのグランドオープンは12月3日に予定されている。 同社の花輪良和会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)は、日産の売上拡大に貢献すると述べた。

「先月発表したリストラ計画では、日産が世界市場で競争力を取り戻すためには、国内販売が最も重要な事業だ」と述べた。

また、座間や横浜のような通勤都市の近くにあるこのモールは、自動車メーカーに新しい販売方法を開拓する機会を与えているとし、日産は他の地域にも同様の施設を建設する可能性があると述べた。 このモールは、日産自動車工場跡地の一部に建設されており、800メートルの試乗コース、商用車センター、オークションエリア、食堂などの顧客施設を備えています。

運営する日産ケレスト座間(株)では、年間40万人の来場者を獲得し、新車約100台、中古車約400台の販売を見込んでいます。 同社によれば、コスト削減の方法として、各車は個別に価格を設定し、販売交渉時間を短縮しているという。

カルロス・ゴーン最高執行責任者(COO)が策定した「リバイバルプラン」では、2002年度末までに事業コストを1兆円削減し、日産グループの従業員を21,000人削減する計画です。

日産自動車カテゴリの最新記事