日産は、ルノーにオリーブ支店を開設し、リレーションシップの最低水準を達成しました

日産は、ルノーにオリーブ支店を開設し、リレーションシップの最低水準を達成しました

日産自動車 西川廣人CEOは、日系自動車メーカーのガバナンス変更案をめぐる動きを受けて、ルノーにオリーブ支店を拡張した。

ファイナンシャル・タイムズ紙のインタビューで、西川氏は日産はフランスの自動車メーカーと「和平を成し遂げなければならない」と述べた。 両社のパートナーシップを「安定させ、強化する」必要があると同氏は新聞に語った。 「これが最も重要なことだ」。

日産とルノーの対立が新たな安値を下げ、20年にわたる提携関係が脅かされています。 停戦が成立するかどうかは不透明だが、サイカワ自身はルノーの取締役会改革を阻止する計画を批判している。 これは、日産がフィアット・クライスラー・オートモービルズとの提携に賛同しなかったことを受けて、ルノーが明らかに台頭したものだった。

このインタビューで、西川氏は日産とルノーの提携を、協力と価値創造の「ゆりかご」と位置づけた。 「私は、それを解決する必要があると確信しています。私たちはそうします」と彼は新聞に語った。 日産の代表者は、インタビューの実施を確認したが、会話の詳細は明らかにしなかった。

両社の関係は、昨年11月に東京で逮捕されたカーロス・ゴーン氏(製造業者とその提携を監督した大手)によって、すでに緊張していた。 この危機がきっかけとなって、日産の取締役会では、コーポレート・ガバナンスの抜本的な改革が計画されました。 西川氏は、ルノーがこうした変更を妨げることを計画したのは「最も遺憾なことだ」と述べていた。

ルノーとフィアットの合併計画が崩壊したことで、日産はこの買収を支持したがらなかったため、この買収計画の失敗の一因となったといわれている。

その後、ルノーのジャン・ドミニク・セナード会長は、日産のガバナンス構造を見直す計画を阻止するとの書簡を送った。これはゴーン不祥事の後に打ち破られた変更だった。 ルノーは、横浜に本拠を置く企業の株式43%を保有している。

日産は月曜日、この書簡を受け取ったことを確認し、ルノーの立場を表明した。 このコーポレート・ガバナンス改革は、「日産の取締役会で徹底的に議論され、ルノー自身が指名した取締役を含め、すべての取締役が承認した」と西川氏は声明の中で述べた。 「このような姿勢は、コーポレート・ガバナンスの改善に向けた取り組みに反するものだ」と述べた。

火曜日、世耕経済産業大臣は、ルノーが日産のガバナンス改革計画を阻止する動きを報告したことに「深刻な懸念」を表明しました。 「われわれは、ルノーが主要なコーポレート・ガバナンス改革に関する投票を棄権するか、それとも投票するかについて、深刻な懸念を抱いている」と記者会見で語った。

また、日産は、ルノーの最大株主であるフランスの財務大臣から、同盟関係を強化するために政府が持ち分を削減する意向であるとのコメントを受け取りました。 日産は、フランスの影響力に反対してきたが、日産の考え方に詳しい筋によると、情報が一般に公開されていないため、特定されないよう求め、政府による完全な撤退を望むだろうという。

マコーリー・キャピタルのアナリスト、ジャネット・ルイス氏は「全体的には混乱しており、状況はさらに悪化している」と述べた。 「セナード氏がコーポレート・ガバナンス改革を避けるとの脅しは、同盟には非常に消極的だ」と述べた。

日産との関係をスムーズにするためにフランス政府から持ち込まれたセナード氏は、日産に望まない合併を迫り、フィアット・クライスラーとの大型合併を追求した。 事情に詳しい筋によると、セナード氏は日産にあてた書簡で、フランスの自動車メーカーは、指名、報酬、監査の3つの委員会を設置する計画の中で、より良い代表者を求めているという。ルノーは投票について最終的な決定を下しておらず、交渉中だと警告した。

ルノーは、日産がガバナンスを改善したいと考えていることを理解しているが、いわゆる3つの取締役会レベルの委員会制度は、「日産の最大株主に対して指示され、使用されるツールとして機能すべきではない」と書簡で述べた。 日産の株主総会は6月25日に開催される予定です。 今回の危機は1週間前に発生したもので、ルノーとフィアットとの合併交渉が決裂した。 日産のルノー取締役会の2人の代表は、この計画を棄権することを計画していたため、フランス政府は話し合いを一時中断し、フィアットは撤退した。

それでも、フィアットとルノーの会長は会合を持ち、両社は合併計画を再構築し、日産の承認を得る方法を模索している、とロイターは月曜日に報告した。

G20の会合に出席するために日本に滞在していたブルーノ・ル・マイア・フランス財務相は緊張を和らげるために努力したが、結果的に日本企業にルノーの15%の持分によってもたらされた自動車メーカーに対する政府の圧倒的な影響力を再認識させることになった。 ルノーと日産は昨年、合計1,060万台の車両を生産しました。 ルノーと日産は、エンジニアリング、製造、サプライチェーン・マネジメント、購買、人事に関して協力しているため、分離は長年にわたって混乱を招く可能性がある。

Ranaultカテゴリの最新記事