ルノーと日産との関係が深刻化し、業績が悪化している

ルノーと日産との関係が深刻化し、業績が悪化している

パリス – 数カ月前から、ルノーは日産自動車と提携している。 経営陣と広報担当者の間で緊張が高まっている。 現在、日本の自動車メーカーの苦境は、本当に痛ましいところ、つまり、ボトム・ラインを打っている。 フランス最大の自動車メーカーは、日産の株式43%を保有しており、上半期のパートナー企業の業績不振が2100万ユーロ(2,340万ドル)の減益要因となったと発表した。 日産は前年度に8億500万ユーロを追加しました。

日産は、米国での販売不振や車種の老朽化に気づいています。 この悪化した結果は、ルノーとの同盟関係の中で緊張が高まった時期にもたらされた。ルノーの前会長であるカルロス・ゴーン氏が逮捕され、20年近くにわたって同パートナーシップを結んでいたためである。 ルノーのティエリー・ボロー最高経営責任者(CEO)はブルームバーグ・テレビジョンとのインタビューで、「われわれの最優先課題は、日産がこの状況から抜け出すことを支援することだ」と述べた。 ルノーは今年の売り上げ目標を下方修正したが、業界の低迷にもかかわらず、利益見通しは堅調に推移している。

一方、日産は1-3月期(2005年12月期第1四半期)決算を発表した。 これは、販売奨励金とゴーンの下での過剰拡大のせいだ。 日産の業績が悪化すれば、ルノーは10代のパートナーシップで優位に立つ可能性がある。

ルノーは日産の株式を保有しているが、日系自動車メーカーは提携の最大のパートナーであり、フランスの自動車メーカーの15%を議決権を持たずに所有している。 株式保有契約の偏りは、長い間緊張の源泉となってきた。

三菱自動車(株)を含む提携パートナーは、フォード・モーター(NYSE:F)の世界での納入台数をほぼ倍増させ、年間約1,080万台を生産している。 この提携は、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)とトヨタ自動車(NYSE:TM)との自動車販売では2番目となる。 3分の1近く しかし、購買、設計、製造に関する協力のコストメリットにもかかわらず、同盟の将来については疑問が高まっている。

ゴーン氏が11月に東京で金融犯罪の疑いで逮捕されたことを否定して以来、ルノーの新会長、ジャン・ドミニク・セナード氏は、日産が望まなかった合併を推し進めてきた。その後、フィアット・クライスラー・オートモービルズとの合併交渉を進めたが、提携先は明らかにしなかった。 フランス政府が、日産がルノー・フィアット買収を支持することを明らかにした後、両社の交渉は決裂した。

フィアットとの交渉は終わったものの、ボローは買収を再開するセナードと同じ「夢」を共有していると述べた。 「このような取引の基本はそこにあります」が、優先事項は日産の再生を支援することです。 ルノーは11日、通期の売り上げ見通しを下方修正した。 売り上げは伸びるのではなく、昨年の水準に近づくとの見通しを示した。 しかし、ルノーはグループの営業利益率を6%と見込んでいた。

この結果は、自動車業界にとって、ほぼ陰気な1週間に終わった。 フォードは業績見通しを下回り、2019年通期の利益見通しを発表したが、投資家は失望した。一方、テスラは失望した。 予想を下回る結果となりました。 また、コンチネンタルもターゲットを削り、サプライヤーも苦境に陥った。 このうち、フランスのPSAグループは自動車部門で過去最高の利益率を記録し、フォルクスワーゲン(NYSE:VW)は予想を上回った。

ルノーは、下半期に利益目標を達成するために、新型車、値上げ、コスト削減策に期待を寄せているほか、「闘争心」にも期待を寄せている、とBollore氏は声明の中で述べた。 上半期の売上高は6.7%減少し、営業利益は12%減少しました。

CFDT組合の代表、フランク・ダウト氏によると、日産の業績がルノーの工場にどのような影響を与えるかは不透明だという。 ルノーのクレオン工場とレンマン工場は日産車の部品を製造し、日産ミクラはパリ郊外のフリンス工場で生産しています。 日産はすでに、英国のサンダーランドから「X-Trail」モデルの生産をシフトし、Brexitの懸念を理由にバルセロナ工場で600人の人員削減計画を発表しています。

Ranaultカテゴリの最新記事