日産はルノーとフィアットの合併と結びついており、独立性の低い将来に直面することになる

日産はルノーとフィアットの合併と結びついており、独立性の低い将来に直面することになる

日産自動車 ルノーとフィアット・クライスラー・オートモービルズがより緊密な関係を築く計画を進めていることから、より大きなゴリラにつながる可能性がある。 日本の自動車メーカーはそれを好まないが、あまり選択肢がないかもしれない。

フィアット・クライスラーは12日、日産のパートナーであるルノーとの合併計画を発表した。これにより、世界第3位の自動車メーカーが誕生する可能性がある。 両社は現在日産との合併を目指していないが、日産とルノーの既存のグローバル提携パートナーである三菱自動車(Nasdaq:M三菱自動車)を結集する予定だという。

関係筋によると、日産は欧州の自動車メーカー2社との交渉には関与しておらず、両社間の広範な提携を前向きな展開だとは考えていない。 情報筋によると、日産は、量のために自動車販売を追求するシナリオには関心がないという。日産の姿勢は一般に公開されていないため、特定されないよう求めている。

「日産が合併に反対してきたことを考えると、合併を強制することができるかどうかが問題になります」と、東京のSBI証券の遠藤光治氏は言う。 「日産がそれを強制されても、それはうまくいきません」。

フィアット・クライスラーは、インセンティブが日産よりも高い米国市場に依存しているが、どちらも魅力的ではない、とある情報筋は語った。 横浜地区の日産代表はコメントを控えた。

11月には、建築家で三者連合の会長でもあるカルロス・ゴーンが、日本の自動車メーカーのリーダーとしての時代に金融犯罪の容疑で逮捕されたため、日産は影響力を失った。 ルノーを驚かせた衝撃的な展開は、その関係を再調整するきっかけとなった。 世界的な自動車業界の激動と日産の利益の減少に直面し、同社はルノーとの合併を強く迫られた。

日産は、パートナーシップの中で独立性を主張してきましたが、グローバルなライバルとの歩調を合わせることは困難です。 自動車メーカーは、米国での販売不振、車種の老朽化、同期しない製品サイクルなどの影響を受け、営業利益が低迷するとの見通しを示し、10年ぶりに減配を実施した。 ルノーとフィアット・クライスラーは、提携の結果、50億ユーロ(¥6,130億)以上のコスト削減と、提携パートナーである日産と三菱自動車のための10億ユーロの追加削減を見込んでいる。

ルノーとフィアット・クライスラーは昨年、合計870万台の自動車を生産した。 これは韓国の現代自動車(HYUNDAI MOTOR)を上回る。 デトロイトのゼネラル・モーターズ(NYSE:GM)も 世界最大の自動車メーカーであるフォルクスワーゲン(VW)とトヨタ自動車(TM)は、昨年、それぞれ1,000万台を突破した。

ルノーは日産の株式43%を保有しているが、日本の自動車メーカーは売上高で最大のパートナーであり、ルノーの15%を所有しており、議決権はない。 昨年の販売台数は565万台とルノーの388万台を上回りましたが、収益性は低下傾向にあります。 昨年、日産の営業利益は10年ぶりにルノーを下回りました。

これらすべてが、ルノーが変更を推進するのを容易にするだろう。 シティグループ・グローバル・マーケッツ・ジャパンのアナリスト、吉田アリフミ氏によると、最も可能性の高いシナリオは、グローバルに競争するための緩やかなパートナーシップだという。

「クライスラーの強みである大型車と大型SUV、フィアット、ルノーの強みである小型車、日産の中型モノコック(シングルシェル)車の力、三菱のASEAN市場におけるプレゼンスの間には、シナジー効果がある可能性がある」と吉田氏はリサーチノートで述べた。 「日産は、このような提携が緩やかであれば、これを歓迎するかもしれない」と述べた。

この交渉の背景には、自動車メーカーに、業界が大きく変化する中で、努力と投資を組み合わせるよう強い圧力がかかっていることがある。 世界最大の自動車市場で売上が落ち込む中、メーカーは規制当局から車両排出量の電化と削減を求められている。 また、アルファベット(Nasdaq:ALPH)傘下のウェイモなど、新たな資金力のある競合他社に取り残されるリスクや自走技術に多額の支出を余儀なくされている。

「重複はあまりなく、重要なのはルノーとフィアット・クライスラーの相乗効果を見出すことだ」と遠藤氏は言う。 たとえそうであっても、合併交渉は日産に圧力をかけることになるだろう」と述べた。

Ranaultカテゴリの最新記事