日産と日本で共謀してゴーンを獲得したとして東京検察を非難する防衛隊

NO IMAGE

元日産自動車を代表する法務チーム カルロス・ゴーン会長は25日、検察当局が「複数の違法な検察官の不正行為」に関与したとして、起訴を全面的に取り下げるよう求めたことを明らかにしたことを非難した。 防衛隊は、日産と経済産業省の職員がゴーンを追放し、日産と提携パートナーであるルノーとの統合を阻止したとして、検察官を非難した。

これは、日本の自動車メーカーの独立性を維持することを目的として、秘密のタスクフォースを通じて行われたものである。

また、検察側は、日本の司法取引法を利用してゴーン氏に対する虚偽の証言を行い、他の日産幹部による不正行為を無視した。 訴追はまた、日産従業員にゴーンの家に侵入し、個人商品を押収し、弁護士依頼人特権で保護された書類を差し押さえ、妻の個人所有物を奪い、報道機関に情報を漏らし、有罪の物語を作るよう指示したとされている。

東京の検察官は、65歳のフランス・レバノン系住民を起訴し、8年間で¥91億ドルの収入を得られなかったとしている。 ゴーン氏の法務チームは、退職後に現金を支払うと主張した元CEOは報酬を受け取っておらず、日産は支払いを約束しなかったと主張している。

ゴーン氏はまた、日産に通貨デリバティブ取引による個人的損失の費用を負担させ、サウジアラビア企業やオマーンの販売業者にその資金を収用させたと非難されている。 防衛チームは、日産は損失を被らず、両当事者に対する支払いは合法的であると主張した。 ゴーンの弁護人、広中純一郎氏は木曜日午後、記者会見で、検察側の非難は、極度の陰謀理論のように見えるかもしれないが、証拠によって裏付けられていると述べた。

さらに、ゴーン氏はすべての罪状について無罪だと主張し、ゴーン氏の収入を故意に過少申告し、ゴーン氏の資金を個人的使用に流用したとする検察側の主張にも異議を申し立てた。

「われわれの観点からすれば、この事件は一般的に成り立っている」と、広中氏は東京地方裁判所の記者たちに語った。 したがって、裁判は必要なく、却下されるべきだ」と述べた。 たとえ裁判が続いたとしても、(ゴーン氏は)すべての告発について無罪だと主張する」と、ゴーン氏が最初に逮捕されてからほぼ1年後に発表され、防衛チームの戦略が初めて明らかにされ、法廷闘争の準備が整った。 広中氏によると、最初の公判期日はまだ設定されていないという。

弁護人と検察官は、弁論の要点を明らかにするため、裁判官の立会いの下に行われる公判前手続きにおいて、5月以降、月に1回程度、会合を開いている。 広中氏は、これらの手続きは来年も続くと述べた。

50分間の記者会見では、広中氏は日本の司法の「未熟な」証拠発見システムに揺れ動いた。 弁護士によると、検察官は、自らの訴訟を主張するために、公判で使用する証拠を示したという。 しかし、広中氏によると、検察側は、日産が被告側に提示しないよう求めた電子メールなど6000件を含め、被告側がまだ見ていなかった証拠を差し控えているという。

広中氏は、検察側が証拠を明らかにすることに消極的であることから、弁護側に有利になると確信していた。

ゴーンの倒産は、ホワイトカラー犯罪で起訴された幹部の事件以上のものと見られている。 日本企業にとっても、また法的にも大きな影響を及ぼしてきました。

ゴーン氏は逮捕され、起訴された後、日産とそのパートナーであるルノー、三菱自動車(NYSE:MMM)のタイトルをすべて剥奪された。 彼は、自動車提携を混乱させ、リーダーシップの交代を促し、最終的には日産のサイカワ博人とルノーのティエリー・ボロールのCEOを解任させた。

この事件は、日本の刑事司法制度にも世界的な注目を集めている。 一部の批判者は、弁護士が「人質の正義」として立ち会わないまま、拡大抑留や取調べを使用したと述べている。

ゴーンは日本では保釈を自由にしているが、保釈条件のひとつとして妻のカロール・ゴーンに会うことは許されていない。 広中氏は、被告側は水曜日までに、この制限を廃止するよう裁判所に申し立てると述べた。 カロール・ゴーンは、フランスの新聞『ジャーナル・ドゥ・ディマンシュ』紙への最近のインタビューで、夫に十分な支援を提供していないとして、フランス政府を非難した。

「ゴーンの構想は、日産をフランスに譲らないという方針や考えに基づいてなされたものです」と広中氏は言う。 「この事件(ゴーン事件)は、おそらく、政治的に動機づけられた最大の捜査(国内)だと思います」。

NISSANカテゴリの最新記事