内田誠CEO就任に先駆け、新CFOを起用

内田誠CEO就任に先駆け、新CFOを起用

日産自動車 カーロス・ゴーン元会長が逮捕されてからほぼ1年後には、新最高経営責任者(CFO)を任命し、他の最高経営責任者(CFO)を任命するなど、新しいページを開く方針を明らかにした。

同社のスティーブン・マ最高財務責任者(CFO)は、10日の声明で、CFOに就任することを明らかにした。 CFOには、日産の中国合弁会社の元CFO(最高財務責任者)だったスティーブン・マ氏が就任する。 新任の内田誠CEOは、12月1日から正式に取締役に就任する。

日産は1カ月前、経営陣を見直し、ゴーン氏がカーメーカーに与えた影響力を超え、最高株主のルノーと提携したことを明らかにするために、集団的なリーダーシップをとった。 アシュワニ・グプタは最高執行責任者、ジュン・セキは副COOに就任した。 この3社は、「電化」と自律車両への移行時代に競い合いながら、10年前の低収益化を目指す上で、大きな課題に直面している。

カリフォルニア大学、アーバイン校、南カリフォルニア大学を卒業したMa氏は、1999年から日産に在籍している。 内田氏がCEOに就任する前に、日産の中国事業である東風汽車有限公司のCFOを務めた。

Guptaの責任には生産と工程が含まれ、Sekiは業績回復、将来の機動性、その他の分野を監督する、と日産は述べた。 ルノーから日産に入社したクリスチャン・バンデンデ氏は、引き続き顧客満足を担当する最高品質責任者を務める。 また、内田、グプタとも正式に取締役に就任するとともに、山内康博CEO代行が取締役にとどまる。 日産は、カルベ元CPOのフィリップ・クライン氏と川口政務部長が退任すると述べた。 これらの任命はすべて、12月から実施される。

ゴーンは日産とルノーを長年率いて、昨年11月、財務上の不正行為の疑いで逮捕されるまで、20年間にわたるパートナーシップを結んだ。ゴーンはこれを否定している。 この下落は、日産のコーポレート・ガバナンスの弱さを露呈させ、自動車メーカー間の長年の緊張関係を浮き彫りにしました。

日産自動車カテゴリの最新記事