日産自動車(株)5工場、2万1,000人の人員削減

日産自動車(株)5工場、2万1,000人の人員削減

日産自動車 月曜日には、5つの工場を閉鎖し、全世界で2万1000人の人員削減を含む抜本的なリストラ計画が明らかになった。 カーロス・ゴーン最高執行責任者(COO)が策定した「日産リバイバルプラン」は、2000年度の黒字化を目指している。

日産は、2002年度までに連結ベースで1兆円のコストダウンを図るとともに、現在の有利子負債1兆4,000億円を7,000億円以下に削減する計画です。 ゴーン氏は記者会見で、「コスト削減は計画の中で最も劇的で目に見える部分だが、成功への道を救うことはできない」と述べた。 ゴーン氏は「日産の将来に備えた再生計画」の下、日産自動車の従業員数を2002年度末までに連結ベースで1999年度比14%減の21,000人から127,000人に削減すると発表した。

早期退職やパートタイム労働者の活用などにより人員削減を行う。

また、国内生産台数を現在の165万台から30%減の128万台にする計画です。 一方、日産は、工場稼働率を現在の53%から82%に向上させる計画です。

そのため、日産自動車は自社工場3工場と関連会社2工場を閉鎖します。

第1段階として、東京の村山工場、日産車体(株)の京都工場、名古屋の愛知機械工業(株)港工場を2001年3月に閉鎖します。 また、2002年3月には神奈川県横須賀市の栗浜工場、福岡県のエンジン工場を閉鎖します。

現在、国内7工場で24台の車両を生産している日産は、2002年度までに4工場で15台に台数を削減します。

リストラクチャリング計画では、2002年度までに株式や土地などの非自動車事業の資産を売却する予定です。 同社は1,394社の株式を保有している。 今後3年間で購買コストを20%削減するため、購買部門を集中化する。

そこで、ゴーン社長は、2002年度までにサプライヤー数を現在の1,145社から600社以下に削減するため、サプライヤーの選定にも積極的に取り組んでいくと述べました。 これらのリストラと並行して、主要市場で新製品を投入し、製品ラインナップを強化していきます、とゴーン氏は言う。

日本では、2002年にルノーとの共同プラットフォームで初めて「March」と「Cube」を発売します。 米国では4機種を投入し、欧州では2003年までに全機種を変更する。

今回の事業再編は、従業員の不安や、日産との取引関係が長いサプライヤーの混乱を招くことが予想されます。

「ほかに選択肢はありません」と日産の花輪吉和社長は言う。 「生き残るためには、再生計画を実行しなければならないと社内で決めました。 計画を実行することは避けられない。 関係者の理解が得られるように(計画)説明する」と、東京証券取引所の閉鎖後に発表された。 日産の株価は7.14%(49円)下落し637円となった。これは、大幅なリストラ計画を打ち出すことを期待し、最近の好調な反発を受けて後退したものだ。

ルノーの株価は、1999年下半期の業績に19億5000万フラン(3億2300万ドル)の影響を与えると発表して以来、パリの取引開始前には2%下落した。

日産自動車は、有利子負債の山に埋もれ、人気商品の投入に失敗しました。 ついには、経営上の意思決定が不十分であったために、外国人救済者を探すことになった。 日産自動車は、過去8年間のうち7年間で赤字を計上しています。 1998年度の日産の純利益は348億円、売上高は3兆3,200億円となりました。

ルノーは今年、日産自動車の株式36.8%を6,050億円で取得した。 さらに380億円を投じ、日産自動車系トラックメーカーである日産ディーゼル(株)の株式22.5%を取得しました。 また、欧州で日産の金融会社を所有しています。 ゴーン氏は5月に日産自動車の最高執行責任者(COO)に就任して以来、リストラ計画に取り組んでいる。

日産自動車は、1998年度に約247万台を生産し、国内外で158万台を販売しました。 東京に本社を置く同社の従業員数は、単独ベースで約39,000人である。

日産自動車カテゴリの最新記事