自動車販売台数の伸び悩みが日本の自動車部門の雇用を牽引

自動車販売台数の伸び悩みが日本の自動車部門の雇用を牽引

自動車産業の雇用情勢は、自動車販売の低迷により打撃を受け始めています。

11月8日以降、マツダ 主に完成車を生産する広島県の本社工場と、近隣の山口県の防府工場では、有期契約の募集を中止しました。 本田技研工業(株) また、SUVやセダンを生産している埼玉県の吉井工場でも同様の条件で人材募集を停止しています。

どちらの企業もいわゆる有期雇用労働者の再雇用をいつ始めるかわからない。 そのような職員の雇用条件は、経済情勢の変動により容易に影響を受ける傾向がある。

採用面では、国内市場のみならず、米国、中国など海外主要市場での販売が伸び悩むなか、工場稼働率の低迷に伴い、雇用調整が進みました。

日本の新車販売台数は、10月に台風「ハギビス」の影響で前年同月比24.9%減、10月1日に消費税率が8%から10%に引き上げられたため、4か月ぶりに減少した。 世界経済の先行き不透明感の高まりを懸念し、国内主要自動車メーカー7社のうち6社が2019年度の世界の自動車販売台数の見通しを下方修正しました。

マツダ、ホンダに加え、日産自動車(株) 7月には、栃木県、福岡県の工場で880人を超える期間工者(有期雇用契約)の更新を計画していないと発表した。 この動きは、同社の財務体質の強化を狙ったものといわれている。 トヨタ自動車(株)の関連会社であるアイシン・エィ・ダブリュ(株)は、このような期間工の雇用を停止しました。

業績が低迷している三菱自動車(株)は、バックオフィスの人員削減を計画している。

日産自動車カテゴリの最新記事