ルノー幹部の参入に伴い日産は経営のスリム化

ルノー幹部の参入に伴い日産は経営のスリム化

日産自動車 経営のスリム化、意思決定の迅速化、取締役会のスリム化、ルノーの幹部3人の登用などを目的とした経営縮小計画を発表した。 この変更は、6月下旬に予定されている株主総会で正式に承認される予定だ。

責任の明確化と意思決定の迅速化を図るため、いわゆる執行役員制度を導入します。

この制度では、取締役を兼務する最高経営責任者が経営戦略の企画を担当し、執行役員がCEOの方針の実行を担当します。 同社の花輪良和社長が社長兼最高経営責任者、ルノー出身のカルロス・ゴーン社長が最高執行責任者(COO)となる。

ルノーのパトリック・ペラタ氏は製品・経営企画担当副社長、ルノーのティエリー・モウロンゲート氏は副社長兼最高財務責任者(CFO)に就任する。

日産の津地吉文会長は、6月25日に取締役を退任し、アドバイザーに就任します。 日産幹部によると、花輪社長は会長を兼任し、委員数は37人から10人に減らされるという。 築地会長は、1992年から1996年にかけての大統領在任中に増加した巨額の債務について、その責任を認めている。

有利子負債が2兆円を超えるようになったことで、結局、No.1となりました。 2社は海外からの資金援助を求める。 ルノーは日産株を3分の1以上取得した。

また、37名の取締役全員が参加して重要な議題について話し合う「経営戦略会議」を「執行役員会議」に置き換え、迅速なトップダウンによる意思決定を実現していきます。 日産は長い間、戦略的意思決定が遅れていると批判されてきた。多くの業界関係者は、マーケティングや製品企画に失敗したと指摘している。 執行役員会では、執行役員会で決定された重要な意思決定は、執行役員会では議論されず、単に下位の役職に引き継がれます、と日産幹部は述べています。 執行委員会は、花輪、ゴーン、ペラタ、モウロンゲット、日本人役員6名を含む10名の取締役で構成されます

NISSANカテゴリの最新記事