ゴーン時代を迎えようとしている日産

NO IMAGE

ニューヨーク – 日産自動車(株)の西川広人CEOの辞任。 日本の乗用車メーカーがデッキをきれいにし、乗り換えるのに非常に必要な機会を与えてくれます。

SEP10, 2019

同社のカルロス・ゴーン会長が1年近く前に衝撃的に逮捕されて以来、日本の自動車大手は恒久的な危機的状況にあり、フランスの提携パートナーであるルノーとの関係は弱まっている。 その時代を切り拓くために、日産はゴーン時代のきれいなブレイクを体現した、きちんとした政治的スキルを持ったリーダーを必要としていました。 西川——ゴーン氏が指名した人物——そうではなかった。

ゴーン社が財務上の不正行為についての疑惑を詳述した日産が月曜日に同時に発表した報告書は、厳しい読み方をしている(ゴーン社は不正行為を否定している)。 しかし、西川氏は、日産がリップサービスを提供していた時代から、良いコーポレート・ガバナンスの原則に完全に距離を置くことはできなかった。 西川氏も不適切に過払いされていたとの反論は、たとえ金額が少なくても、ゴーン氏の下落につながった疑惑を思い出させる容認できないものであり、西川氏は支払いを知らなかったと述べた。 彼は非行で告発されていない。

ゴーンの追放で日産のCEOが報復したように思われ、宮殿クーデターの告発を招いたため、ルノーとの信頼関係を回復するのはずっと困難になった。 公平に言えば、ルノーはその後、日本人が望まなかった日産との本格的な合併を推し進めたが、その後、イタリアのフィアット・クライスラー・オートモービルズとの提携について秘密裏に話し合った。

一方、日産の西川における最近の業績は、悲惨な結果を招いています。 利益は自由落ち込みで、同社は活力ある米国市場で地盤を失い、生産と雇用の削減を余儀なくされている。

今回の辞任をきっかけに、日産が最終的にルノーとの関係を修復し、ここ数カ月で両社の株主価値を破壊することができると期待しています。 時には、フランス側がフィアットとの合併交渉を復活させることができるかもしれない。たとえ政治的にはうまくいかなくても、その取引には戦略的、財政的なメリットがある。 ルノーは日産の43%の株式を削減することに合意したが、これはスタート地点になるかもしれない。 日産はルノーの15%しか所有していないが、この不均衡が両者の緊張を高めている。

しかし、第一に、まず最初に。 西川氏の後継者は、ルノーのアイデンティティが発言権を持つことになるため、日産の自宅を整理しなければならない。 ルノーのジャン・ドミニック・セナード会長は、このような感情を共有しているようだ。

自動車業界がかつてないほど激動した時代に、日産は社内政治に気を取られません。 もし、経営陣の交代によって、経営陣が自動車の製造・販売事業に専念できるようになれば、それほど良いことになる。

NISSANカテゴリの最新記事