カルロス・ゴーン会長の立場を決議する取締役会

カルロス・ゴーン会長の立場を決議する取締役会

米日産自動車(NYSE:NM)の独立取締役は、カルロス・ゴーン氏の後任に就くべき人物について話し合った。 現在東京拘置所で停滞している大手自動車メーカーに取って代わる選択肢は、ルノーとの提携の方向性を示している。

DEC 4, 2018

事情に詳しい筋によると、後継者になる可能性が最も高いのは、ゴーン社の財務報告調査の原動力として浮上した西川社長兼最高経営責任者(CEO)と、ゴーン・コンフィダントであった滋賀敏之氏である。 社外取締役はすでに、既存の取締役を次期会長に選任すると述べている。 日産の取締役会は12月17日の選任投票を予定しています。

日産、ルノー、三菱自動車との間では、ゴーンのリーダーシップを握る企業間の違いが表面化し、世界最大の自動車提携の方向性が問われている。

事情に詳しい筋によると、11月19日に東京で逮捕された幹部は、同社の収入を過少申告し、会社の金銭を個人的に使用したとの疑いで逮捕されたが、検察側が新たな請求を追加するため、来週新たな逮捕状が出される可能性があるという。

西川会長が会長に就任したことは、日産の権力を強化することになる。日産は、ゴーン氏の退任後、ルノーとの同盟関係において、より公平なパートナーシップを築きたいと考えている。 日産のパワーバランスは今や西川に傾いている。西川氏は、ゴーン氏の元プロテージから、不正行為を非難する最も有力な批判者の1人になった。

滋賀の選定は、日産の一元管理につながる可能性が高い。

ルノーは、当社の筆頭株主であり、当社の議決権を保有しています。 日産はフランス企業の第2位の株主ですが、投票権はありません。 その結果、フランスの自動車メーカーが存在しない中国や米国などの市場で日産が成功したことで、不均衡が深刻化しています。

情報筋によると、日産はルノーから提案された社外の会長候補者を退けたという。 日産の代表者は、取締役会および会長候補者についてコメントを控えた。

ゴーン氏は11月22日、ジェット機部門の幹部にとって驚異的な落ち込みで日産の会長職を解任された。 三菱自動車もゴーン氏を解任したが、ルノー氏は64歳のCEOを解任せず、暫定リーダーに指名した。 一方、東京の検察当局はゴーン氏の収入を過小評価したとの新たな申し立てでゴーン氏を逮捕する計画を明らかにした。 産経新聞は火曜日、ゴーン氏を月末まで拘禁する可能性があると報じた。

ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米連邦捜査局(SEC)は29日、ゴーン氏とケリー氏を逮捕する計画を明らかにした。 2015年から2017年までの同罪では、被疑者はゴーン氏の収入を約40億¥下回ったとされる。 当局がこの事件で最大限の拘禁を承認すれば、ゴーンとケリーは12月30日まで拘禁されることになる、と同紙は指摘した。 検察庁はこの報告についてコメントを控えた。

日産自動車カテゴリの最新記事