逮捕後も日産のチーフが拘禁され続けていたことをめぐる日本の捜査

逮捕後も日産のチーフが拘禁され続けていたことをめぐる日本の捜査

日本に対する疑問や懸念は、解散した日産自動車の取り扱いをめぐって国際的に高まっている。 カルロス・ゴーン委員長は先週、財務上の不正行為を理由に逮捕され、勾留期間が延長された。 自動車メーカーの救済者と見なされていた64歳の幹部が逮捕された。 検察官は11月19日夜、東京の羽田空港にビジネスジェット機で到着するのを待っていた。

法務省によると、ゴーン氏は、首都北東部の東京拘置所にある7平方メートルの部屋に閉じ込められている。 部屋の窓は、被収容者が外を見ることができないように設計されている。 トイレや洗面所が近くにあり、トイレを使用するときは、プライバシーのために小さな仕切りを取り付けなければならない。 壁の棚には、自殺や自傷行為を防ぐための鋭い縁がありません。

被収容者は、1日に3回の食事と30分の運動を受け、週2回シャワーを浴びることができる。 事情に詳しい筋によると、衣服は部屋に運ばれ、「スポーティな」服装をしているのが見えたという。 東京の検察官は、各国の法的手続きが異なり、フランス、レバノン、ブラジルの市民権を持つゴーンの勾留期間が「必要性」に基づいて決定されていると主張している。

しかし、一部の海外メディアでは、テロ容疑者よりも処遇が悪く、収容施設の生活環境が厳しいとの指摘がなされている。 フランスでは、捜査の初期段階で逮捕状を発する裁判所がなければ、被疑者を勾留することができる。

このような場合、被疑者は、4日間の取調べを行うことができるが、原則として24時間拘禁される。 テロ容疑者であっても、6日を超えて拘束することはできない。 日本と異なり、質問には弁護士が立ち会う。 パリの刑事弁護士によると、ゴーンのような容疑者は2日以上警察に拘束されることはないという。

一方、日本の法律では、警察が送達した逮捕状については被疑者の勾留期間を23日、検察官が送達した令状については22日と定めている。 しかし、当局は、新たな令状でさらに告発を加えることができる。つまり、裁判所が承認すれば、その人物を無期限に拘禁することができる。 被疑者が逃亡又は証拠隠滅を予想される場合には、勾留が認められる。 裁判所は、被疑者を直接尋問するなどして勾留を決定する。

ゴーンの処遇に対する批判はさらに高まる可能性がある。 これは、10日から12月10日にかけて、東京地方裁判所の判決に基づき、ゴーンの勾留期間をさらに10日延長したためだ。

ゴーンは、事情に詳しい他の情報筋によると、彼の希望に応じて彼に持ち込まれた雑誌や書籍を読んでいる。 彼は健康そうに見えたが、彼を見に来た人たちに、部屋は冷たくておやつが欲しいと言った、と彼らは言った。 金融新聞のLes Echosは、日本の刑務所制度を、言論禁止のために「特に厳しい」と呼んだ。

Le Figaroの主要日刊紙によれば、東京拘置所は、人権侵害としてフランスで廃止された、孤独によって拘禁され、処刑が行われる場所であるため、「人権団体によく知られている」場所であると書かれている。 また,死刑確定者と同じ施設に田舎者が収容されていることにも触れた。

ゴーン氏は11月19日、金融商品取引法違反の疑いで逮捕された。ゴーン氏の報酬は、2010年度までの5年間で受け取った約100億¥のうち、約50億¥(4,400万ドル)に過小報告された。 また、5年間を超えて報酬の過小報告が続いたとされており、海外で家を買い、個人的な使用や個人的な費用を賄うために資金を流用したとされている。

事情に詳しい筋によると、ゴーン氏は検察官に、報酬の一部を証券報告書に報告しなかったが、支払いがまだ決済されていないためだと主張し、故意に証券報告書を改ざんしたとの主張も否定した。

ウォール・ストリート・ジャーナルの編集委員会は月曜日、ゴーン氏は「異例の調査を続けている」とし、「起訴されずに数日間拘禁されている。弁護士の立会いなしに検察官に尋問され、報道機関から金銭的不正の罪で有罪とされる報道が漏れている中、ポストを解雇されている」とし、東京の検察官が行った捜査の透明性が欠如していると不満を述べるとともに、ゴーン氏の扱いを「詐欺や自己取引の記録がない国際的なCEOよりもヤクザ・モブスターに適している」と非難

日産と提携先の三菱自動車(株)として ゴーン氏は、正式な報酬がないにもかかわらず、会長職を辞任した。 また、日産は、ゴーン氏が提携パートナーのルノーとの合併計画を断念しようとしていた可能性があるとの観測も浮上した。 ゴーンが子ども時代の大半を過ごし、戦争に疲弊した国を逃れた移民の成功物語と見なされているレバノンでは、逮捕は大きな失望となった。

ゴーンのレバノンの友人は、この事件はルノーを追放し、日産を守るための共同謀議でなければならないと述べた。

ゴーンは、日産の倒産を救うための資本提携の一環として、1999年にルノーから派遣されました。 彼は複雑な三者パートナーシップの重要な基軸であり、ルノーの筆頭株主であるフランス政府も関与しており、その出資比率は約15%であった。 「調査は非常に重要である。 メルヘム・リアチ・レバノン情報相は、「何か不快なことがある」と述べた。

レバノンの外務省職員は、駐日大使がゴーンを敷物に寝かせていたのでマットレスを持って来なければならなかったと嘆いた。

レバノン政府は、日本に透明かつ公正な解決策を打ち出し、ゴーンが家族や弁護士と会う十分な時間を確保するよう求めている。

ゴーンの運命には不確実性が残っている。 しかし、12月10日以降に新たな逮捕状が送達されれば、クリスマスと年末年始に収容所に滞在することになる。

日産自動車カテゴリの最新記事