スキャンダルからの復興の一環として、ハイブリッド版「スカイライン」をリリース

スキャンダルからの復興の一環として、ハイブリッド版「スカイライン」をリリース

日産自動車 スカイライン・スポーツ・セダンの新バージョンを発表し、GT-Rスポーツ・クーペのようなモデルと共通するデザイン要素と、最先端の自律走行技術を追加した。 カーロス・ゴーン元会長が逮捕・追放されて以来、日本で初めての主力製品である自動車は、高速道路で運転手のハンドルを外し、接続サービスを提供します。

日産は、車検スキャンダル、コーポレート・ガバナンスの不備、10年ぶりに営業利益が最低水準に達した年などを受けて、事業の再生を迫られています。 横浜を本拠とする自動車メーカーのサイカワ博人CEOは、今後3年間で20以上の新製品の投入と中核モデルのリフレッシュに約4億4000万ドル相当の支出をしている。

スカイラインのケースでは、リフレッシュの一部は伝統への復帰という形をとる。 2013年にリリースされたこの車は、インフィニティ・エンブレムを使って日本市場で販売されたが、一部のファンは古典的な日産フード装飾を見逃した。 新型車に復元されました。

これとは別に、日産は今年、インフィニティの高級車部門を香港から日本に移し、グローバルな設計・研究開発・製造機能と統合することを決定しました。 この動きは、インフィニティを中国に近づけ、市場の成長を取り込むというゴーンの戦略を逆転させたもので、成功は限定的だった。

ゴーンは11月、東京で金融不祥事の容疑で逮捕されたが、来年に始まる可能性のある裁判に向けて準備を進めている間、自由に保釈できる。 日産、ルノーSA、三菱自動車との提携の元会長。 彼に対するすべての告発を否定している

新型「スカイライン」のハイブリッド版は、2輪・4輪駆動で、日産の最新版「プロパイロット」を標準装備します。 この自律技術は、車線変更機能とドライバ監視機能を提供する。 モバイル接続により、オペレータは、最新の地図および車載Wi-Fiを提供するだけでなく、乗員と連絡を取ることができる。

スカイラインの古いバージョンから生まれたGT-Rの魔法をとらえようと、新型セダンは日産の象徴的なスポーツカーの前面に似たフロントグリルを備えています。 また、ガス専用のスカイラインには、日産の3.0リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、400馬力のチューンバージョンを搭載しています。

スカイラインは日産の主力車種の一つだが、中型セダンの需要が減退していることから、月間販売台数は約200台にとどまる見通しだ。 車種によっては、550万-630万¥の¥で販売される。 日本以外では、スカイラインはインフィニティQ50として販売されており、ダイムラーのメルセデス・ベンツとBMWがセダンと競合している。

NISSANカテゴリの最新記事