日産とルノーはフランスの監査法人を雇い、ゴーン氏の時計に関するアライアンスの不正行為を調査する

日産とルノーはフランスの監査法人を雇い、ゴーン氏の時計に関するアライアンスの不正行為を調査する

パリ/東京-日産自動車 米自動車大手ルノー(NYSE:LU)は、フランスの監査法人マザーズを雇い、自動車業界での提携関係で起こり得る不正行為を調査しているとした。 関係筋によると、両社は、カーロス・ゴーンが金融犯罪の容疑で逮捕されたことを受け、共同調査を進めている。

同筋によると、マザーズは、アムステルダムに本拠を置く自動車メーカーが提携を調整する部門であるルノー・日産BVを調査する。 同社の資産の不正使用などの不正行為が起きた場合、この問題は私的なものであるとは特定されないよう求めているという。 ルノー、日産、アライアンスの広報担当者はコメントを避けた。 マザーズはコメントを求める電話を返さなかった。

昨年末、ゴーン社が、日産の利益を約90億¥下回ったとの疑惑で逮捕され、個人取引損失を同社に一時的に移管した。 不正行為を否定した自動車業界の有識者は、その後も拘束されている。 ゴーン氏は、日産および提携パートナーである三菱自動車株式会社の会長から解任された。 逮捕後まもなくルノーの最高経営責任者(CEO)兼会長を辞任した。

ゴーン氏に対する疑惑は、日産がモンスロングで行った調査で明らかになった。 ルノーはその後、最高経営責任者(CEO)の報酬を調査した。 日産は、ルノーが先月合意したRNBVの3つ目の共同調査を推進していた。

一方、日産は、このスキャンダルからの法的な落とし穴に直面している。 同社は、ゴーンの報酬を不正に報告したとして日本で起訴されているほか、米証券取引委員会(SEC)の調査にも直面している。 日産はこの調査に全面的に協力していると述べている。 水曜日、横浜を本拠とする自動車メーカーは、2009年以来初の通年の販売不振を報告した。 自動車輸送は2.8%減少し、疑惑を受けて同社が直面している課題をさらに増やした。 対照的に、ライバルのトヨタ自動車(株) 2%の増加を示した。

RNBVの取締役には、ルノーのチエリー・ボロー最高経営責任者(CEO)、日産のサイカワ博人CEO、ルノーのモウナ・セペフリ最高経営責任者(CEO)が含まれる。 ルノーの捜査は、最近倫理・コンプライアンス担当官に任命された元セキュリティー責任者のエリック・リー・グランドと、元上級公務員のルノー・インサイダーのクロード・バーランドが主導している。 ゴーン氏の報酬については、最新版では問題は見つからなかった

NISSANカテゴリの最新記事