ゴーン逮捕記念日、日産はルノーのネクタイを修理するためにまだ深刻なニーズを抱えています

ゴーン逮捕記念日、日産はルノーのネクタイを修理するためにまだ深刻なニーズを抱えています

日産自動車 1年前、元上司のカルロス・ゴーン氏が逮捕されて以来、経営陣の見直しと提携パートナーのルノーとの対立に専念してきたが、業績の悪化を是正するには限界があった。 しかしアナリストらは、自律型、接続型、電気自動車に焦点が移っている世界の自動車業界で競争力を維持するためには、ルノーとの提携を強化する必要があることに同意する。

日産は、フランスのパートナー企業と一体となって、コスト削減と次世代自動車開発への投資負担を分担するとともに、米国を中心とした事業を強化していく必要があります。 米国市場では、自動車販売のインセンティブに大きく依存しており、収益性が低下し、ブランド認知度が低下している。

CLSA証券ジャパンのクリストファー・リッチター副部長は「ルノーとの関係は修復する必要がある」と述べた。 「ただちに合併するかどうかという問題は、すぐに取り組む必要はないかもしれないが、ルノーと友好的な関係を築く必要がある。 なぜなら、その日の終わりには、競合他社はまだ立っていないからだ」と述べた。

リヒターは、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(NYSE:FCA)とフランスの自動車メーカー、PSAグループ(PSAグループ)が、数量ベースで世界第4位の自動車メーカーに統合する計画だと指摘した。

ゴーン氏が20年前に創設した日産・ルノー提携は、世界最大の自動車メーカーグループに成長した。同氏は「両社は一緒に結ばなければならないか、別々に結ばなければならない」と述べた。 アナリストらは、トヨタ自動車(NYSE:TM)など大手自動車メーカーの可能性も指摘している。 また、米フォルクスワーゲン(VS)は、小規模なライバルとの提携や、テクノロジー企業などの業界横断的なパートナーとの提携を通じて、競争を激化させている。

「トヨタは最近、自動車産業以外の企業との提携に非常にオープンになっています。 Bloomberg Intelligenceの自動車アナリスト、吉田達夫氏は、モバイル関連のテクノロジー企業がトヨタのような強固な企業と提携することを選択していることは驚くにあたらないと述べた。 「日産とルノーは、立場が対立しており、問題はすぐには解決されないため、持合い構造の見直しや合併の可能性を検討すべきではありません」と吉田氏は述べた。

「日産はむしろ、提携の可能性を最大限に引き出すことに専念すべきである。これこそが、トヨタやフォルクスワーゲンとの差別化の強みである」と同氏は述べた。

ルノーと日産の間では、資本提携構造の見直しが大きな緊張材料となっています。 ルノーは日産の株式43.4%を保有している。日産はフランスの同業他社の株式15%を無議決権で保有している。 9月にCEOに就任する前に、サイカワ博人は資本提携の中で日産の自主性を高め、現在の体制を「アンバランス」と呼んだ。

一方、ルノーのジャン・ドミニク・セナード会長は、両社の合併を今春日産に提案したが、サイカワはこれを拒否した。

事情に詳しい筋によると、複雑さに加えて、ルノーの最大株主であるフランス政府の介入もある。ルノーはルノーの競争力強化に熱心で、過去に合併を推し進めてきた。 Senardは最近、フランスのラジオ局に対し、同社が日産株の43.4%を引き下げる可能性を排除するものではなく、この問題は優先事項ではないと強調した。

SenardはFrance Interラジオに語った。「何も除外することはできません。しかし、これは我々が重視しているものではありません。」 ブルームバーグ・インテリジェンスの吉田氏は、「2020年に同盟が発足するのは私の強迫観念だ」とし、「日産とルノーは、競合他社が競争を進めているときに、戦いに巻き込まれる時期ではない」と語った。

日産は昨年11月19日にゴーンが財務上の不祥事で逮捕されて以来、経営陣を刷新してきた。ゴーン氏の副社長で、後任の人物であるサイカワ氏は12月1日付で内田誠氏を最高経営責任者(CEO)に就任した。 西川氏は、同社が運営するエクイティ・リンクド・ペイメント・スキームによって、彼が過大な報酬を受けていることを認めて辞任した。

また、アシュワニ・グプタ氏(三菱自動車(NYSE:MMT)の最高執行責任者)、セキ上級副社長(COO)をはじめとする新経営陣は、同社を将来の利益から引き上げるよう大きな圧力に直面している。

日産は、北米、欧州、日本を中心に売上が減少し、円高が収益を圧迫する中、当事業年度から来年3月までの10年間で¥1,100億円(10億ドル)、¥1,500億円の営業利益を見込んでいます。 同社は7月、今後3年間で12,500人の人員削減を含むリストラ策を発表した。 ゴーンが長年追求してきた積極的な事業拡大からの脱却を目指している。

グプタ氏は今月初旬、日産、ルノー、三菱自動車での経験を通じて、現在の市場環境が新たな課題を投げかけている時代に、3社はこれまで以上に互いに必要としていると確信していると語った。

ゴーン氏は、逮捕後、日産、ルノー、三菱の会長職を失い、フランスの最高経営責任者(CEO)を務めていたが、来春にも裁判にかけられる可能性がある。 4月に保釈が解除され、彼はすべての罪について無罪を主張することになった。 かつての自動車業界のクッティンは、ルノーとの統合や合併が日産の自律性を脅かすと感じていた日産幹部による「陰謀」の被害にあったと述べている。

広中純一郎弁護士によると、インターネットの利用制限や妻との接触禁止など厳しい保釈条件にもかかわらず、彼は「健康」であり、ほとんど毎日弁護士事務所に通い、裁判の準備をしているという。

日産自動車カテゴリの最新記事