ゴーンの報酬が過少報告されているため、日産のCEOである西川博人は起訴されないという

ゴーンの報酬が過少報告されているため、日産のCEOである西川博人は起訴されないという

検察当局は、日産自動車を起訴しないことを決定した。 事情に詳しい筋によると、カーロス・ゴーン元会長の報酬が過少報告されたとして、サイカワCEOが関与したことが明らかになった。

日本の規制当局に提出された日産の証券報告書で、ゴーン社の報酬が2018年3月までの2年間に過少報告されていることを知っていたため、西川社長が金融商品法に違反したとして、東京の男性が苦情を申し立てた。 平成28年3月期より、決算短信には、西川氏名が代表者として記載されています。 事情筋によると、検察側は4月26日、65歳の人物を起訴しない決定を下したという。

ゴーン氏は、元日産取締役のグレッグ・ケリー氏と共に、前会長の2018年3月までの8年間の報酬を約90億¥下回ったとして起訴されている。

捜査関係者によると、西川氏は12月、ゴーン氏の退職後に支払うことを約束した会社の書類に署名したことを検察側に認めた。 その報酬は有価証券報告書に記載されていなかった。

2017年4月にゴーン社長兼最高経営責任者(CEO)に就任した西川氏は、ゴーン氏とケリー氏が合意した問題だと考え、「深く考えずに」署名したと捜査官に語った。 また、会社としての日産は、報酬を過小報告することにより、金融商品取引法違反の罪で起訴されています。

ゴーン氏は昨年11月に逮捕された後、日産とルノー、三菱自動車のパートナーであるルノーの会長職から解任された。 また、ルノーのCEOに就任したのは65歳だった。 ゴーン氏は、財務上の不正行為にも直面しており、インタビューやビデオ・メッセージを通して無罪を主張し続けている。 日産の幹部らは、ゴーン氏に不利な共謀を働いていると非難している。

日産自動車カテゴリの最新記事