ルノーは今度はポストカルロス・ゴーンの経営陣の下で日産と合併することを再び提案した

NO IMAGE

ルノー(ウォール・ストリート・ジャーナル)米自動車大手ルノー(NYSE:LU)は、米日産自動車(NYSE:NM)との合併を再び提案した。 事情に詳しい筋によると、カルロス・ゴーン解任後に新経営陣が発足し始めたように

情報筋によると、日産は4月中旬の提案を拒否したという。 ルノーの最大株主であるフランス政府は、11月にゴーンが逮捕されたことで同盟が揺らいだ後、1月に同様の提案をした。 ルノーは、日産、ルノー、三菱自動車の各社長が提案を浮き彫りにした時期に、提案を浮き彫りにした可能性が高い。 情報筋によると、4月12日にパリで第1回新経営機構会議が開催された。

今回の拒否は、両社の関係改善のモメンタムを危うくする可能性がある。

「最も重要なことは、日産の未来です。 私は、この提携を将来の仕事に活かすアプローチをとるつもりです」と、日産の西川博人社長は火曜日、合併提案に対する否定的な認識を示した。 日産の筆頭株主であるルノーは、フランスの自動車メーカーの純利益の約半分を占める日本企業とのパートナーシップをさらに強化しようとしている。

しかし、一部の日産幹部は、日産がルノーと同等の資本関係を求めていることから、パートナーシップのバランスは不公平だと考えている、と語った。

ルノーは、議決権を持たないフランス企業の株式15%を保有する日産の株式43.4%を保有している。 日産は昨年、ルノーの1.5倍にあたる565万台を世界中で販売しました。

今回の提案は、2社の自動車メーカーと3社目の提携パートナーである三菱自動車が、3月に世界第2位の自動車グループを数量ベースで運営するための新たな経営組織を立ち上げたことを意味する。 ルノーは、ゴーン氏が退任した後もパートナーシップを指揮し続けており、会長のジャン・ドミニク・セナード氏が新組織の責任者に任命された。

セナード氏は当初、日産との合併問題を取り除く一方で、日産とのフェンスの修復に注力するとみられていた。

日産とルノーは、新経営陣の下での提携強化に向けて「協議」方式で取り組むことを強調しているが、合併の可能性や両社の資本構成の見直しについて話し合うことは依然として緊張の種となっている。 ゴーン氏は今月初め、ルノーのCEO兼会長を務め、約20年間日産を率いてきたビデオメッセージで、ルノーと合併する可能性があるため、日産の自律性が脅かされていると感じていると語った。

ゴーン氏は11月、日産で財務上の不正行為があったとして逮捕された。 同氏は、日産の資金を私的な目的で不正に使用したとして、月曜日に4度目の起訴を受けた。

菅官房長官は、24日の記者会見で、日産・ルノー間の合併案についてコメントを求められたが、民間企業間の交流については控えたいと述べた。

NISSANカテゴリの最新記事