提携交渉では、フィアット・クライスラーがルノー・日産・三菱アライアンスに加盟する見込み

提携交渉では、フィアット・クライスラーがルノー・日産・三菱アライアンスに加盟する見込み

ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)フランスの自動車メーカー、ルノーはフィアット・クライスラー・オートモービルズと交渉中で、長期賞は日産と三菱を含む世界をリードする提携であると報告している。 フィナンシャル・タイムズ紙は、土曜の夜、この協議は「進んだ」段階にあり、「広範な協力」につながる可能性があると報じた。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、この交渉は「幅広い」もので、ルノーとフィアット・クライスラーが「事業の大部分に参入する」可能性があると指摘した。 しかし、ニューヨーク・タイムズ紙は、交渉はまだ初期段階にあり、詳細は不明で「まだ決裂する可能性がある」と述べた。

AFPから連絡を受けたが、ルノーもフィアットもコメントしなかった。

フィナンシャル・タイムズ紙は、複数の関係者から「この合意は最終的には、日産が勝利すれば、ルノー・日産・三菱アライアンスに参加する自動車メーカー(フィアット・クライスラー)をリードする可能性がある」と語った。 こうした自動車メーカーとの提携は、現在ドイツのフォルクスワーゲンと競合しているルノー・日産・三菱という世界最大のタイトルとなる。

ルノーは日産の43%を所有し、フランスのパートナーであるルノーの15%を所有している。

この不均衡は、元ルノーと日産のチーフ・カルロス・ゴーンが逮捕されたことで試された関係の摩擦を引き起こす。

4月25日に2度目の保釈が解除され、現在、給与の一部隠蔽から日産の資金を個人的な経費に充てるまで、4件の不正行為に関する裁判の準備を進めています。 この報告書では、現在の話し合いに日産がどの程度関与しているかは明記されていませんが、FT情報源の1社は、日産が関与していないと述べています。

ルノーがフィアット・クライスラーに関心を示したのは、今年初め、日産やフランスの競合企業であるPSAとの合併希望が薄れたためだとの噂が広まった。

自動車メーカー間の連携は、近年、電気自動車、ネット接続性、車両の人工知能を追求する技術力の構築に重要な役割を果たしています。 自動車メーカーは、欧州や中国をはじめとする規制当局からも、より厳しい公害規制に対応できるよう電気自動車の開発を迫られている。

フォルクスワーゲンとフォード・モーター 1月には、商用バンや中型ピックアップを開発し、将来のバッテリー車、自律車、サービスに関する協力を検討するために、世界的な提携を結んだ。

フィアット・クライスラーのマイク・マンリー最高経営責任者(CEO)は今月初旬、アナリスト向けに、同業界の再編が近い将来にも進むと予想していると語った。 ただ、同社は独立系企業としての地位を維持できると強調した。

また、フィアットは欧州の弱点に対処しているとアナリストに語った。 1-3月期の米イタリア自動車メーカーの利益は、北米部門の売上高がほぼすべてを占めた。 厳しい時期にあったが、これは主に生産の変化による利益の47%の減少だった。 フィナンシャル・タイムズ紙によると、ルノーとフィアット・クライスラーのパートナーシップの選択肢は数多く検討されているが、この交渉は技術の共有にとどまらなかった。

NISSANカテゴリの最新記事