ゴーン氏の弁護士は、事件が日本の評判に与える影響を懸念しており、元日産のチーフは無罪だと考えている

ゴーン氏の弁護士は、事件が日本の評判に与える影響を懸念しており、元日産のチーフは無罪だと考えている

旧日産自動車(株)を相手取った訴訟 カルロス・ゴーン会長は、弁護団を率いるベテラン弁護士が、依頼人が無実であると確信していることから、業務を行う場所としての日本の評判を損なう可能性があると指摘した。

広中純一郎氏は、水曜日の記者会見で、この事件の動向を注視している世界と同様に、「日本が個人に権限を与えていることが、事業の遂行上、予断を許さず、行き過ぎていることを示しているのではないかと懸念している」と語った。

「日本では、社内で話し合い、取り扱うべき事柄であっても、このような手続きが刑事事件に発展し、青色から身柄を拘束される可能性があるという衝撃的な印象を、世界中で残すことができると思います」と、広中氏は就任以来初めて報道陣に語った。

「これは日本企業にとって重要な問題です」と同氏は述べた。

11月19日、東京地検は、羽田空港に到着した際、ブラジル生まれのフランス人幹部64歳を逮捕した。彼の収入が過少報告されたのではないかとの疑いで逮捕した。

その後、検察官は、2008年の世界的な金融危機の際に、個人投資の損失が日産に移転したとされることで、別の機会に自分の収入を過小評価したとされていることや、信託違反を悪化させたとされていることなど、2件の金融不祥事で再度逮捕しました。 「社内で取り組むべき課題は、何らかの形で検察に持ち込まれた。 検察官は、民事介入の予定がないにもかかわらず、何らかの形で事件を起こす」と広中氏は言う。

ゴーン氏は先週、地元の元検察官、大鶴元氏が率いていた法務チームを、有名な顧客を守るために積極的な戦術を使ったことで知られる広中氏が率いるチームに取って代わった。 彼は、ゴーンはすべての主張の無罪だと強調した。

「証拠は見たことがないので、情報をまとめて論理的に結論を導いたわけではない。 ある文章では、私の信念(ゴーンは無実だ)は、この時点までの私の腸の感覚と経験に基づいています」と広中氏は言う。 彼は、2009年に詐欺罪で虚偽の告発を受けた保健省の元官僚である村木厚子氏に初めて話をしたとき、たまたま同じような疑いを抱いたことがあると説明した。 広中氏は村木の弁護に成功した。

広中氏は、他の有名な事件を扱うとともに、政治資金スキャンダルに関与したと非難されている有力な政治家、小沢一郎氏などの有名人の弁護に成功した。 ゴーンの裁判がいつ始まるか尋ねられた広中氏は、今夏以降に始まるだろうと述べた。

広中氏は、ゴーンの勾留が3カ月以上続いたことで、日本の刑事司法制度の公平性に対する世界的な疑念が高まっていると付け加えた。

日産自動車カテゴリの最新記事