カルロス・ゴーン氏と日産のCEOである西川氏は、提携先に4社目のパートナーを加えることを検討した

カルロス・ゴーン氏と日産のCEOである西川氏は、提携先に4社目のパートナーを加えることを検討した

昨年9月、東京で逮捕された2カ月前の日産自動車(当時) 電子メールによると、カルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)はルノーと三菱自動車(NYSE:MMM)との提携で新たなパートナーを獲得することを検討した。

2019年4月1日

当時、ゴーンは三者間の自動車提携を「取り返しのつかないもの」にするよう圧力を受けていましたが、GhonbergがGhosnに伝えたところ、日産のCEOである西川博人は、上司の要請により、夏は「自分で静かに」働いていたと、上司から「双方に受け入れられる仕組み」を求められ、ゴーンとの間で可能性について話し合うことを申し出ました。

通信では、西川氏はアライアンスの第4のパートナーとして他のメーカーを参入させる可能性を提起した。 彼は候補者を見つけなかった。 また、拡大の機会には、電気自動車や接続サービスの「中国企業の買収」も含まれていると述べた。

この電子メールは、世界最大の自動車メーカーのひとつである日仏同盟に向けて、日仏両社の間での私的な話し合いに光を当てている。 内部的には、西川氏は完全合併に反対し、日産は独立したままであるか、より深い組合では支配的な存在であるべきだと主張していた。 4月、日経金融新聞に「三者提携を維持したい」と語った。

ゴーン氏は現在、東京拘置所に108日間滞在した後、金融犯罪の裁判を待っている。 ルノーとの緊密な統合を阻止しようとする日産幹部は、起訴を否定し、同氏に対する「陰謀」を非難した。

日産の広報担当者、ニッコラス・マクスフィールド氏は、社内コミュニケーションの内容についてコメントも、確認も、否定もしていないと述べた。 同氏は、「司法手続きに関連する可能性のある問題についてはコメントしない」とし、ゴーン氏の家族とルノーの下院議員はコメントを避けた。 ゴーンへのメッセージの中で、西川氏は2019年に同盟の構造を「待つのではなく」変えることを提言しており、その7カ月前にゴーン氏は、日産とのより深い関係を必要とする、ルノーの最も強力な株主であるフランスに次ぐ約束であるパートナーシップの強化を約束していた。

しかし、日産間の関係緊密化に向けた動きは、ルノーがより大きな影響力を持つことを懸念した日産内部からの抵抗に直面した。 ルノーが日産の株式を43%保有しているのに対し、日本の自動車メーカーはルノーの株式を15%保有している。 両社の提携関係は、ゴーン氏が11月19日に逮捕されて以来、緊張が高まっている。

また、同社の電子メールは、提携先の4社目の提携を検討するにあたり、業界が電気自動車や自走車に高価なシフトをしている中で、自動車メーカーが成長を続けていることを浮き彫りにしている。 フィナンシャル・タイムズは先週、ルノーが他のパートナー、フィアット・クライスラー・オートモービルズと提携する前に、日産との合併構想を追求したかったと報じた。

西川氏は買収交渉を否定し、ルノーがこのような動きに気づいていないと述べた。 フランスの自動車メーカーはコメントを控え、政府はこの報告書を軽視した。 ルノーと日産は、信頼回復のため、今月初めに提携関係を管理する新しい取締役会を発表した。

日産自動車カテゴリの最新記事