カルロス・ゴーン氏の逮捕は日産従業員の怒りと悲惨さを招く

カルロス・ゴーン氏の逮捕は日産従業員の怒りと悲惨さを招く

日産自動車 カリスマ的な会長であるカルロス・ゴーンの前日の逮捕に、従業員は怒り、驚き、悲惨な反応を示した。彼の収入が過少報告されたとされていたからである。

64歳のゴーン氏は、長期にわたる財務上の不正行為を指摘されたと批判されたものの、一部の従業員は、1990年代に倒産の危機に陥った日産を救い、抜本的な改革によって会社を立て直したことを評価した。 また、今回の逮捕は閣僚を驚かせ、日産が不正行為を起こすことを可能にしたガバナンス体制を改めて見直すことを求めたきっかけともなりました。

横浜にある日産本社では、スーツを着ている多くの社員が記者の質問を避け、急いでビルに入りました。 「結局のところ、ひとりの人の規則に従うことになる」と、男性労働者が自分の出来事を取り上げることに同意した。

月曜日、東京検察はゴーン氏を、日産のグレッグ・ケリー代表取締役とともに逮捕した。同氏は、2011年からの5年間で会長の給与を約50億¥(4,400万ドル)過少申告したのではないかと疑っていた。これは、会長が得た給与の約半分にあたる。 「恩恵を受けているのは彼らだけで、受け入れられない」と、20代の男性労働者が栃木県の日産工場に行く途中で語った。 最近の不祥事を受けて、経営陣は責任感を持つべきだ」と述べた。

日産のブランドイメージは、昨年9月に認可されて以来、すでに痛手を受けていましたが、長年の間、認定されていない従業員が日本で生産された車両をチェックし、国内で販売された100万台以上のリコールを余儀なくされました。 自動車メーカーは今年、国内工場で排出ガス試験や燃費試験のデータが改ざんされたと報告した。

菅官房長官は、逮捕は「本当に遺憾である」とし、経済的影響を「注視する」と述べた。

ゴーン氏が逮捕されたと報じられた後、日産のCEOのサイカワ博人は、月曜日の深夜の記者会見で、会長の不祥事を調査する独立したパネルがあると伝えた。 西川氏は、透明性とガバナンスの欠如が一因であると認識した。

「不祥事の背景には、トップレベルでの権力の集中があるとの見方がある。 第三者委員会でガバナンスのあり方について真剣に議論するよう求めます。」 と、世耕広重産業大臣は、火曜日の閣議後、記者の方々にお話を伺いました。 西川氏はゴーン氏の逮捕について、「後悔以上のもの」であり、「憤りと失望」に似ていると語った。

40年間日産に携わってきた栃木工場の男性従業員は、そうした思いを共有するとともに、従業員への説明を求めました。 一方、日産の本社から工場に派遣された男性労働者は、ゴーン氏はかけがえのない存在だと語った。

「ゴーン以外の誰も、会社を立ち直らせることができなかった」と同氏は言った。 「われわれには大きな損失がある」と述べた。

月曜日夜、組立工場で働いていた別の男性は、「正直に言って、私は日産を巻き込んだ一連の不祥事に不満を持っている」と言い、最近の品質チェックの不祥事を指摘しているようだ。 「会社に責任を負ってもらいたい」と語る一方で、ゴーン氏が日本に住んでいる東京都港区の高層マンションの外に、月曜日の夕方、記者、写真家、テレビのクルーが集まった。

「本当ですか?」エレベーターで彼を見たと言った女性が尋ねた。 「多額の報酬を受けているので、何も報告する必要はないと思います。」日産車の日本人ファンもこのニュースに驚きました。

東京で日産車を17年間所有していた47歳の女性が、「現在の車を買い替える際に、社外からの購入を検討するかもしれない」と言いました。

秋田市在住の36歳の公務員、中山安之さんは「ショックを受けましたが、好きな日産車を運転し続けたいです。」と話しました。 大阪府吹田市では、72歳の竹林Reikoさんが、ゴーンは素晴らしい業績をあげているので「信じられない人物」だと考えていたと話しています。

「(製品の)品質とは関係ないと思いますが、心配しています。 「自動車メーカーのイメージが損なわれました」と竹林氏は言う。

大阪府の自動車ディーラーは、このニュースが「青くなった」と語り、リコールを発表する際には、通常は自動車メーカーから事前に連絡を受けているが、「今回は何も聞いていない」「顧客の言うことはわからない」と語った。

日産自動車カテゴリの最新記事