330億円の先端製造技術投資

330億円の先端製造技術投資

横浜日産自動車(株) 3日には、電気自動車、インテリジェント自動車、連結自動車などの次世代自動車の生産に取り組むため、国内工場に先進的な製造技術を導入するために¥330億ドル(3億0100万ドル)を投資することを明らかにした。 日産は、2020年に栃木県に工場を出資し、提携先のルノー(株)、三菱自動車(株)など世界各地の工場で生産技術の導入を計画しています。

「日産の生産技術の飛躍は、クルマの複雑化・高度化に伴い、当社の技術力を高める上で鍵となります」と坂本英行副社長は、横浜本社での記者会見で語りました。 この新システムでは、パレットを自動化し、パワートレイン全体を搭載する一方、組立ラインのスタッフは、現在、バッテリーやモーターなどの複数の部品を順次搭載しています。

同社によると、このような汎用パレットにより、日産は電気自動車とガソリン自動車を問わず、異なる種類の車両を1つのプロセスで組み立てることができる。

坂本氏は、ロボットによる工程の自動化は、高齢化する組立ラインスタッフの肉体的負担を軽減し、女性が工場で働くことを可能にすることで、労働力の多様化を促進すると述べた。 また、水の侵入を防ぐために、車体シームのシール工程をロボットに引き継いでいきます。 このロボットは、訓練を受けた労働者の正確な動きや身振りを再現することができると日産は言う。

「製造業への転換は、人員削減を目的としたものではなく、ますます求められる複雑で負担の大きい仕事を減らすことを目的としています」と坂本氏は言う。 「これにより、労働者は、新しいモデルの開発や計画など、より価値のある仕事を行えるようになるだろう」と述べた。

Ranaultカテゴリの最新記事