日産元会長のカルロス・ゴーン氏が辞任した弁護士、ベテラン弁護士が弁護士チームに加わる

日産元会長のカルロス・ゴーン氏が辞任した弁護士、ベテラン弁護士が弁護士チームに加わる

元日産自動車を弁護する弁護士2名 カルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は28日、財務上の不正行為の容疑で辞表を提出したと発表した。 今回の決定は、ゴーン氏が11月に逮捕されて以来、日本と経済界をつかんできたサガの最新の動きだった。

主任弁護士の大鶴元成氏を含む弁護士がゴーン氏の弁護団を辞めている理由については、すぐには説明がつかなかった。

簡単な声明では、「本日、ゴーン氏の事件の弁護人として、大鶴とおしくぼが辞表を裁判所に提出した」とだけ述べている。

この驚くべき判決は、東京地方裁判所、検察官、弁護士がゴーンの裁判の概要について話し合う初めての会合の前夜に下された。 退役弁護士の広中純一郎氏(73)は、ゴーン氏の法務チームに入ったことを確認した。

広中氏は、有名な弁護士で、厳しい有名事件を起こし、検察官が裁判にかける事件の99%近くを勝ち取る国で無罪の評決を取ったことで知られている。

その成果の一つとして、2012年には、政治資金の不正報告に関与したとされる優秀な選挙戦略家、小沢一郎が国防に関与したことが挙げられる。 事務所外で話をすると、記者たちに「ゴーン氏と会い、家族と会い、私に訴訟を起こしてほしいと言った」と語った。 だから、私は受け入れた。

元日産幹部は11月19日から勾留されており、報酬の過少報告や雇用主の帳簿への損失の振り替えなど3件の告発を受けている。 ゴーンと彼の主任弁護士との間には、公式の合図はなかったが、逮捕後、行政官も弁護士もあまり公然と話されたことはなかった。

ゴーンが1月8日に簡単に法廷に出頭し、現在の拘禁に異議を申し立てた後、大鶴は1回の記者会見を行った。

弁護人は報道関係者に、依頼人が法廷に出るまでに保釈金を支払う可能性は低いとし、6カ月かかる可能性があると述べ、慎重な姿勢を示した。 また、公判前勾留の延長について国際的な懸念があるにもかかわらず、ゴーンの勾留状況を批判することは避けた。

同氏は、ゴーンと数時間にわたり定期的に会っており、当時のクライアントをフォーカスしたものとして説明している。 「現状ではとても落ち着いて論理的です」と大鶴氏は言う。

日本で最も注目されている事例をいくつか取り上げているが、メディアの認知度が低く、個人生活についてはほとんど知られていない。

元検察官で、フロッピーグレーの髪をした63歳のベスペクタクルは、容疑者から自白を抽出するのがうまくいっていたので、ニックネーム「ブレーカー」を獲得した。 ゴーンを代表する人物は、運命のねじれの中で、元同僚の森本弘検察官と戦っていた。

日産、三菱自動車(株)のリーダーシップを失ったゴーン氏を誰が代表するのか、すぐにはわからなかった。

目次

ルノー

フランス・ブラジルの幹部は、この疑惑を否定し、今月初めにAFPとフランスの新聞『レス・エコーズ』とのインタビューで、身柄拘束を続けていると非難した。 彼は、保釈を拒否する決定は「他のいかなる民主主義においても正常ではない」と述べた。

「なぜ、有罪判決を受ける前に罰せられるのか?」とゴーンは東京拘置所の面接で尋ねた。

ゴーンは、2010年から2015年にかけて、50億¥に達するまで収入を過少報告し、さらに3年間、それを続けていると非難されている。

また、個人的な為替差損を日産に転嫁しようとしたり、サウジアラビアの連絡先に会社の資金を使って担保を差し押さえて返済しようとした複雑なスキームについても非難されている。 彼は、彼に対する申し立てと逮捕は「裏切りの話」であり、「報告されなかった1円は受け取っていない」と主張した。

Ranaultカテゴリの最新記事